1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第2回 器質的口腔ケアと機能的口腔ケアの効果

【連載】看護師のための口腔ケア

第2回 器質的口腔ケアと機能的口腔ケアの効果

  • 公開日: 2009/3/30
  • # 注目ピックアップ
  • # 口腔ケア

器質的口腔ケアの目的と効果

器質的口腔ケアの目的

器質的口腔ケアの目的は、口腔衛生状態を改善し、細菌叢を正常化することにあります。つまり、口腔清掃により口腔内細菌を減少させるというのが狙いです。そのために、食物残渣を除去し、歯・義歯や口腔内粘膜、舌を清掃します。ポイントとなるのは歯の清掃だけではなく、舌を含め口腔内すべてを満遍なく清掃するということです。

歯の清掃法

歯の清掃には、歯ブラシを使用します。特に高齢者の場合、歯肉が弱っている患者さんも多いので、歯ブラシはソフトなものをおすすめします。歯垢(プラーク)は柔らかいため、ブラシの毛先で軽くブラッシングすれば十分です。決してゴシゴシと力を入れて磨く必要はありません。

歯垢ではなく歯石がついている場合は、歯科医師や歯科衛生士に歯石除去をお願いします。歯垢は歯ブラシで落とせますが、歯石は専用器具を使わないと除去できません。また、残存歯が少なく、歯間が空いている場合などは、ヘッドの小さいワンタフトブラシや歯間ブラシも併用するとよいでしょう。

口腔粘膜の清掃法

口腔粘膜の清掃には、専用の球状ブラシを使用すると便利です。後述しますが、球状ブラシは口腔粘膜の清掃とストレッチを同時に行うことができます。球状ブラシがない場合は、ガーゼ、スワブ(綿棒)、スポンジブラシなどを使用します。

舌苔の清掃法

舌苔とは舌に付着した汚れのことです。清掃には、専用の舌ブラシを使用すると簡単に除去できます。このほか、口腔ケア用の球状ブラシ、柔らかい歯ブラシ、ガーゼなどで代用することも可能です。舌苔の細菌が増殖すると、口臭の原因になります。

しかし一方で、舌苔は口腔内の細菌バランスを保っている一面もあるので、無闇に取りすぎないようにします。

乾燥した口腔の清掃法

唾液の分泌量が減少している高齢者や、放射線治療中などの患者さんは、口腔が乾燥している傾向があります。そのため粘膜が過敏になっているので、無理なケアを行うと出血する可能性もあります。こういった場合は、ケアの前に状況に応じて保湿剤を使うなどして、口腔内を湿潤しておく必要があります。また、ブラシによる清掃自体が口腔への刺激になるため、唾液の分泌を促す効果があります。

器質的口腔ケアの効果

器質的口腔ケアによる、清掃や細菌減少のおもな効果は以下のとおりです。

    ・口腔の爽快感や清涼感
    ・むし歯や歯周病など口腔疾患の予
    ・舌苔の除去により、口臭を軽減
    ・口腔乾燥の緩和
    ・誤嚥性肺炎の発症リスクを低減

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

チーム医療で支える在宅自己注射(喘息)【PR】

 ひたちなか総合病院呼吸器内科では、デュピクセントによる治療を行う場合、在宅自己注射の導入を基本としています。  デュピクセントによる治療が決まると、医師、看護師、薬剤師などの多職種を含むチーム医療体制で、治療内容の説明~自己注射の導入~導入後のフォローまでを行っています。なか

2022/6/15

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001