1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 採血

採血

採血関連の記事の一覧です。

採血にはシリンジまたは真空管を使用する方法の2種類があります。大まかな手順は変わりませんが、異なる点もあるため実施前に注意点等を確認しておきましょう。腋窩リンパ節郭清後、シャント肢、麻痺などの禁忌、抗凝固剤の服用、副作用の対応は事前に確認しておく必要があります。採血は侵襲度の高い手技であり、患者さんは強いストレスを感じています。コツや豆知識を駆使し、スムーズな手技を目指しましょう。

まとめ記事
*採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等)

採血 記事カテゴリ

「採血」の記事一覧

15件/23件

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

Aライン確保とは?  Aライン(arterial line、動脈ラインとも)確保とは、動脈内にカテーテルを留置することです。 Aライン確保の適応  持続的な血圧のモニタリング(観血的動脈圧測定)や頻回な動脈採血が必要な場合、マンシェットによる血圧

2019/3/6

点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG?

Q.点滴より末梢側で採血をすれば、検査数値に問題はないと思うのですが実際はどうなのでしょうか。 A.点滴より末梢側から採血をすれば、血液データは点滴の影響を受けない 点滴をしていない側の上肢から採血できないケースもある 点滴をしている上肢から

2018/6/6

血糖測定器による血糖測定の手順・注意点

血糖値の測定は、糖尿病など糖のコントロールが必要な疾患では不可欠な手技。 看護師による測定が適切な血糖コントロール、ひいては糖尿病患者さんのセルフケアの習得にもつながります。 しっかりと手順を確認していきましょう。 必要な物品 ※具体的には各施設で

2016/11/10

採血|手技の根拠(クレンチングの理由など)

今回は、採血(静脈血採血)の手技に関する根拠について解説します。 より正確な検体の採取と患者さんの苦痛を最低限にすることがポイント。正しい手技手順で確実に行うことが大切です。 【採血のまとめ記事】 * 採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

2016/1/14

注射・採血後、しびれが出現!絶対にしてはイケナイ対応

注射後、腕のしびれや痛みがいつまでも治まらない場合、神経損傷の恐れがあります。 医療過誤問題に発展することもあるため、慎重な対応が必要です。 そこで絶対にしてはイケナイ対応を紹介します。 絶対にしてはイケナイ対応 「大丈夫だと思います」など

2015/4/12

採血による気分不快(迷走神経反射)!5つの正しい対応方法

採血によって気分不快になることがあります。原因・症状・対応について解説します。 原因 痛みや処置に対するストレスによって迷走神経が刺激され、血管が拡張します(迷走神経反射)。その結果、血液循環量が低下し、気分不快として症状が出現します。 その他の

2015/4/9

動脈採血の3つの基礎知識(目的・部位・キット)

看護師が動脈採血を行うことはありませんが、呼吸状態の悪い患者さんや急変患者さんには頻繁に行われる検査であり、介助の機会も多いので、ぜひ流れをマスターしておきましょう。今回は、動脈採血の3つの基礎知識について解説します。 【採血のまとめ記事】 * 採血|コツ

2015/3/25

採血で失敗? よくある失敗、4つの原因

できれば1発で決めたい採血。 よくある失敗の原因を理解して、採血を一発で決められるナースを目指しましょう。 原因1 血管に逃げられてしまった 原因2 血管が破れてしまった 原因3 途中で針がズレてしまった

2015/3/19

超基本! シリンジ(注射器)採血の方法・手順・コツ【イラスト解説】

今回は医療手技の基本、シリンジ採血の手順を紹介します。 関連リンク「真空管 採血の方法・手順・コツ【イラスト解説】」はこちら 1 本人確認 2 駆血 3 血管選び 4 消毒 5 穿刺

2015/3/17

もう失敗しない! 採血前にやっておくべき3つの準備

採血で失敗しないための最大の秘訣は、準備をきちんとすることです。絶対に欠かせない3つの準備について紹介します。 3つの準備 ●物品の準備 ●血管の準備 ●心の準備 1.物品の準備 せっかく血管に針が入っても、スピッツが足りないな

2015/3/1

【採血・注射】血管が逃げる・動くときに使える2つのテクニック

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は、血管が逃げてしまうときのテクニックを紹介します。 テクニック1 血管の脇から穿刺する 太くてしっかりと浮き出ている血管であっても、針を刺そうとするとプリンッと横に逃げてしまうことがあります。 このよう

2015/2/24

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくなりそう!どうする?

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【採血のまとめ記事】 * 採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等) 攻略法1 検査に必要な血液量を把握する 血液が不足しないように複数のスピ

2015/2/23

【採血・輸液】駆血帯の上手な巻き方・強さ(圧)・時間

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は、駆血帯を上手に巻くために知っておきたいことを紹介します。 1 新しい駆血帯は前処理をする 駆血帯の素材にはさまざまな種類がありますが、チューブ状のアメゴム製タイプの場合は、新品ほどツルッと滑って外れやすいの

2015/2/18

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等)

採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の手順(シリンジ・真空採血管) 大まかな手順は同じですが、それぞれの手順に異なる点や注意点があります。 1.確認 採血の

2014/12/17

真空管 採血の方法・手順・コツ【イラスト解説】

真空管採血はスピッツを抜き差しするときに、いかにしっかりと針を固定できるかが成否を左右します。そこで固定方法を含めた真空管採血の手順を紹介します。 「シリンジ 採血の方法・手順・コツ【イラスト解説】」はこちら 真空管採血とは? 1 本人確

2014/11/5