1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第3回 褥瘡の状態を評価する 褥瘡の評価表DESIGN-Rについて

【連載】ナースのための褥瘡ケア

第3回 褥瘡の状態を評価する 褥瘡の評価表DESIGN-Rについて

  • 公開日: 2009/4/30
  • # 注目ピックアップ
  • # 褥瘡のアセスメント
  • # スケール・指標

褥瘡の状態評価の重要性

褥瘡をケアする際に、創の状態はどのように評価されていますか?
褥瘡の治療にあたっては、創の状態を知り、どのように取り組んでいくのかを知ることが重要です。しかし、ケアにかかわるメンバーが共通の視点で創の状態を判定しないと、同じ褥瘡に関わっているにもかかわらず、バラバラのケア・治療方法を選択してしまうということが起こりかねません。

そこで、統一の評価ツールを用いて創の状態を客観的にアセスメントしてゆけば、その評価を見直し、チームで統一した治療およびケアに役立てることができます。わが国では2002年に日本褥瘡学会学術教育委員会によって開発された、DESIGNという褥瘡状態判定スケールが広く用いられてきています。
そして、2008年にDESIGNが改訂され、『DESIGN-R』というスケールが公表されました。
今回は、DESIGNの評価方法とDESIGN-Rへの変更点の解説します。

DESIGNの特徴

DESIGNスケールの特徴は、褥瘡の重症度を分類して治癒の過程を数字で示す(数量化)ことができます。
継続的にDESIGNを用いてアセスメントすることで、褥瘡が治癒傾向にあるのか、悪化しているのかを客観的に判断でき、その後の褥瘡治療・ケアに生かすことができます。

また「褥瘡経過評価用」と「重症度分類用」の2種類があり、「重症度分類用」では簡単に重症度がわかり、治療・ケアの指針を得ることができます。
※各表については、日本褥瘡学会のホームページからPDF文書で掲載されていますので、ご参照ください。

褥瘡経過評価用重症度分類用

左表:褥瘡経過評価用 右表:重症度分類用

DESIGNの評価項目

DESIGNは、
1. 深さ(Depth)
2. 滲出液(Exudate)
3. サイズ(Size)
4. 炎症・感染(Inflammation / Infection)
5. 肉芽組織(Granulation tissue)
6. 壊死組織(Necrotic tissue)
の6項目のそれぞれ英語の頭文字をとって、DESIGNと表記されました。
また、褥瘡治療においてポケット(Pocket)の有無はとても大きな要因となりますので、ポケットがある場合『P』の項目を評価します。

褥瘡治療 症例

重症度が高いほど点数が高くなり、治癒してくれば点数が減少する仕組みになっています。
創の評価をした際には、アルファベットと該当する点数の数字を並べて表記します。

DESIGNの評価の視点

1)Depth:深さ

創の中でいちばん深いところで判定します。真皮全層の損傷までを、皮下組織を越えた損傷を[D](深い創)と判定されます。
[D](深い創)の治癒が進み、創底が浅くなってきた場合は、それに応じて評価も[D]→[d]と変化します。

皮下組織に達する創(深い創)では、創底から肉芽組織が盛り上がり、徐々に浅くなるとともに、創周囲から上皮の遊走が進んで創が閉鎖し、治癒していきます。

真皮より浅い創(浅い創)では、創底に残存する基底細胞から上皮が形成されるのと、創周囲からの上皮の遊走によって、皮膚が再生され治癒に至ります。

皮下組織説明図

2)Exudate:滲出液

滲出液の量は、ドレッシング交換の回数で判定します。

ドレッシング材の種類は詳しく限定されていません。1日1回以下の交換の場合を[e]、2回以上の交換の場合を[E]とします。

3)Size:大きさ

褥瘡の皮膚損傷部位の長径(cm)と、それに直角に交わる一番長い径(cm)を測定し、それぞれを掛けた数値により分類します。
毎回、同一体位で測定することが重要です。体位が変わってしまいますと、皮膚のたるみなどで創の大きさが変わり、正確に評価できないことがあります。

4)Infection/Inflammation:炎症/感染

創および創周囲の感染兆候を評価します。
創周囲に発赤・腫脹・熱感・疼痛などの炎症兆候がある場合は[i]とし、炎症の4兆候に加え、排膿・悪臭・全身の発熱などがある場合は[I]と評価されます。
  [I]感染については、「局所感染」と褥瘡部の感染が原因で全身の発熱を来しているなど「全身に影響を及ぼしているか」を見極めて分類します。

5)Granulation:肉芽組織

この項目では、良性肉芽が創面に占める割合で評価します。
良性肉芽が50%以上を占める創は[g]、50%未満の創には[G]と評価します。
  肉芽であっても、血流が豊富な、赤く適度な湿潤のある良性肉芽でなくてはなりません。(「牛肉色の肉芽」と言い表わされている海外の文献もあります)
貧血や低栄養などで肉芽が白っぽく(「豚肉色の肉芽」)なっていたり、浮腫状態の肉芽などは良性肉芽には入りません。
また、[d]浅い褥瘡の場合は、創の治癒過程が肉芽を形成して治癒するのではなく、上皮の遊走によって治癒するので、この項目は[g0]の評価となります。

6)Necrotic tissue:壊死組織

壊死組織がない場合は[n]、壊死組織があれば[N]と分類されます。
[N]は壊死組織の色ではなく「柔らかい」か「固い」か評価をします。
“黒色壊死”でも、柔らかければ[N1]となりますし、黄色や白っぽくても固く乾燥していれば[N2]となります。

7)Pocket:ポケット

ポケットの測定方法は、ポケットの範囲を特定し、ポケットと創面全体を合わせて一番長い径と、それに直角に交わる一番長い径を測定し、かけ合わせます。
そして、その値から[S]で導き出した値を引き算し、値を算出します。
ポケットの大きさも体位によって異なりやすいので、必ず同一体位で測定します。

ポケットの測定方法説明図

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

MGFA分類|重症筋無力症の症状分類

NEW

MGFA分類は何を判断するもの?  MGFA(Myasthenia Gravis Foundation of America)分類は、重症筋無力症の症状をクラス分類し、重症度を評価するためのスケールです。患者さんが最も重症だったときの状態をもとに分類・評価するもので、治療の評価

2022/5/19

アクセスランキング

1位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
2位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
7位

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

250750
8位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

250001
9位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
10位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812