1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんのリハビリテーション
  6. 第3回 がんのリハビリが浸透していない現場でも、看護師ができることは?

【連載】知っておきたい! がんのリハビリテーション

第3回 がんのリハビリが浸透していない現場でも、看護師ができることは?

  • 公開日: 2014/6/13
  • 更新日: 2021/1/5

Q1 チーム医療として行う「がんのリハビリテーション」は、これまでの看護とどこか違いがあるのでしょうか?

A1 別のものと考えるのではなく、がん看護の延長線上にがんのリハビリがあるととらえてみてください。

がんのリハビリは特別なものではありません。

看護師とリハビリ療法士は活動の場こそ別ですが、どちらも「患者さんがよりよい生活を送ることができるように自立を支援する」という点は全く同じです。

これまで看護とリハビリで別々に行われていたことを融合させると考えてみるとよいかもしれません。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会プレスセミナー|がん悪液質、がん患者のせん妄とは

2019年9月6日〜7日にリンクステーションホール青森(青森市)で開催される第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会に先駆け、8月7日に東京都内でプレスセミナーが行われました。同学会が目指すのは「多職種で連携し、科学する支持医療(サポーティブケア)」。プレスセミナーでは

2019/9/3