1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 薬理学・薬剤
  5. インスリンは劇薬! 病棟で使用する際の5つの注意点

【連載】不安定な血糖値はこうしてコントロール!

インスリンは劇薬! 病棟で使用する際の5つの注意点

  • 公開日: 2014/8/29
  • 更新日: 2021/1/6

インスリンは劇薬ですので、マニュアル通りにしっかりと管理する必要があります。今回は、特に気をつけるべき5つのポイントを紹介します。


注意点1 ダブルチェックで、投与量を読み間違えない

インスリンの投与で最も重要なのは、正確な量を投与することです。

インスリンを用いる際は、単位換算が必要になることが少なくありません。そのため、医師の指示を受けたら、看護師2人でダブルチェックし、シリンジの目盛りを読み間違えないように注意して量を測ります。

インスリンの単位換算

インスリンの単位換算

インスリン注射取り扱いの注意点

インスリン注射取り扱いの注意点

注意点2 投与ルートは2つ

投与ルートは、静脈注射皮下注射の2つです。

静脈注射は、以下3つの場面に合わせて、シリンジポンプまたは混注によって行われます。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

FGM(フラッシュグルコースモニタリング)で看護師に知ってほしいこと

2020年4月1日の診療報酬改訂により、これまでの血糖自己測定の回数に応じた保険項目に加えて、FGM(FreeStyleリブレ)を主とした新たな保険項目が設定されました。導入時の患者さんへのケア、血糖コントロールがどう変わるのか、看護師に特に知っておいてほしいことを聞きま

2020/4/18