1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 基礎生理学
  5. 第6回 生理食塩水の0.9%という濃度

【連載】看護に役立つ生理学

第6回 生理食塩水の0.9%という濃度

  • 公開日: 2014/9/27

今回は、身近な生理食塩水とナトリウムの関係について解説します。


ナトリウムについてまとめて読むなら
電解質-ナトリウム
ナトリウムと水は切っても切れない関係
抗利尿ホルモンとアルドステロン


生理食塩水の0.9%という濃度を実感する

生理食塩水は0.9%、という数値を知らない看護師さんはほとんどいないでしょう。

ところでみなさんは、この数値をきちんと「実感」しているでしょうか?

0.9%ということは、1L(約1000g)中に9gの食塩が入っていることになります。

1日の食塩摂取量は7~10gくらいが適量といわれていますね。つまり、生食1L(500mLボトルなら2本分)を飲めば、だいたい1日の食塩摂取量になるわけです。

細胞外液のナトリウム濃度は生食よりも少し低いですが、おおざっぱに言って、私たちは細胞外液1L分くらいにあたるナトリウムを毎日入れ替えている、ということもできます。

3号液ってなに?

いま、経口摂取が全くできない人に補液をするとして、ナトリウムの補給のために食塩水を点滴するなら、まああまり塩分過多にならないように、500mL1本分(4.5g)くらいが無難と考えます。

水は全部で1.5~2Lくらい入れるとして、生食1本と水2~3本を混合すれば(計3~4本)、ナトリウムに関しては1日分の「維持輸液」の出来上がりです。

これは生食を3~4倍に薄めることに相当しますから、初めから濃度が1/3くらいの製品があれば便利だろう、ということで用意されているのが、臨床で最も頻繁に見かける3号液です。

もちろん、実際の輸液では他の電解質(カリウムなど)についても考慮しなければなりませんが、ナトリウムに関してはだいたいこんな感じで捉えておいて、大きく外れることはありません。

(ナース専科「マガジン」2010年8月号より転載)

次回は、ナトリウムと水を組み合わせて、どう考えていけばよいのかを解説します。


ナトリウムについてまとめて読むなら
電解質-ナトリウム
ナトリウムと水は切っても切れない関係
抗利尿ホルモンとアルドステロン

この記事を読んでいる人におすすめ

体液についておさらいしよう!

患者さんの状態把握を的確に行うためには、水分のIN/OUTを理解しているかどうかがカギになります。まずは、IN/OUTの基本となる「水・電解質」についてみていきましょう。 体液の役割は溶媒・運搬・体温調節 水は生命の維持に欠かせない、人体の最大の構成要素です。人体

2014/7/10

【IN/OUTバランス(水分出納)】1日当たりどのくらいの水と電解質量が必要?

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。 【関連記事】 * 【不感蒸泄・尿・便】 人が1日に喪失する電解質と水の量 * 【体液量】

2015/5/31

リンゲル液、乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液の違いは?

治療の一環として日常的に実施される輸液。でも、なぜその輸液製剤が使われ、いつまで継続するのかなど、把握できていない看護師も意外と多いようです。まずは、輸液の考え方、輸液製剤の基本から解説します。 ○○リンゲル液の○○は何が違う?  水・電解質の補給を目

2014/7/29

5%ブドウ糖液と生理食塩液(生食)の役割って?

治療の一環として日常的に実施される輸液。でも、なぜその輸液製剤が使われ、いつまで継続するのかなど、把握できていない看護師も意外と多いようです。まずは、輸液の考え方、輸液製剤の基本から解説します。 輸液製剤、何が違う? どう使う? 輸液製剤には、大きく水

2014/7/22

細胞外液と細胞内液とは?役割と輸液の目的

治療の一環として日常的に実施される輸液。でも、なぜその輸液製剤が使われ、いつまで継続するのかなど、把握できていない看護師も意外と多いようです。まずは、輸液の考え方、輸液製剤の基本から解説します。 (2016年12月8日改訂) 体液の役割と輸液の目的とは

2014/7/15

カテゴリの新着記事

第42回 エストロゲン・ゲスターゲンと月経周期

4ホルモンの推移と卵巣周期  性周期とは、前回紹介した4種のホルモンがどのように推移するのかが核心であると言ってよく、いよいよその詳細を追いかけてみましょう。そのためには、いったん視床下部と子宮のことは忘れて、しばらくは下垂体と卵巣の相互作用に集中すると理解しやすく

2016/5/1

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
3位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017
4位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
5位

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

採血とは  採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の準備と手順(シリンジ・真空採血管) 採血時に準備...

250858
6位

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは?基準は?

*この記事は2016年7月4日に更新しました。 SIRS(全身性炎症反応症候群)について解説します。 SIRS(全身性炎症反応症候群)とは? SIRS(全身性炎症反応...

250839
7位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
8位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
9位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636