1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 手術室
  5. 手術看護
  6. 麻酔
  7. 硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】

【連載】ねじ子のヒミツ手技

硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】

  • 公開日: 2016/8/11

硬膜外麻酔とは?

脊髄のすぐ近くにある「硬膜」の外側に管を入れて、そこから麻酔薬を流し、手術などの痛みをとる麻酔のことを「硬膜外麻酔」と言います。英語:epidural anesthesiaから俗に「エピ」と呼ばれます。

通常の手術では、手術が終わったら、その場で麻酔を覚ましたあと、回復室(専用の部屋だったりICUだったり)に戻ります。患者さんは、「手術が終わって目が覚めたそのとき」にはすでに全身麻酔から醒めてしまっているわけです(当然のことですが)。言うまでもなくすげぇ痛いはずです。そんなとき、硬膜外麻酔が入っていれば、持続的に麻酔薬を注入することで痛みを和らげることができます。よって、術中および術後の痛み止めとして、全身麻酔下での手術の直前などによく行われています。



硬膜外麻酔の方法・手順

硬膜外麻酔で使用する物品

硬膜外麻酔で使用する物品

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第4回 脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔、脊椎麻酔)|適応・禁忌、使用薬剤、方法・手順、看護のポイント

脊髄くも膜下麻酔とは、どのようなときに行うのか、使用する薬剤や手順などを解説します。 脊髄くも膜下麻酔とは  脊髄を覆っている膜の下、脊髄くも膜下腔に局所麻酔薬を注入する麻酔法で、いわゆる下半身麻酔です。腰椎麻酔、脊椎麻酔とも呼ばれます。成人の脊髄末端は第一腰椎(L1

2021/4/17