1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 手術室
  5. 手術看護
  6. 麻酔
  7. 硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】

【連載】ねじ子のヒミツ手技

硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】

  • 公開日: 2016/8/11

硬膜外麻酔とは?

脊髄のすぐ近くにある「硬膜」の外側に管を入れて、そこから麻酔薬を流し、手術などの痛みをとる麻酔のことを「硬膜外麻酔」と言います。英語:epidural anesthesiaから俗に「エピ」と呼ばれます。

通常の手術では、手術が終わったら、その場で麻酔を覚ましたあと、回復室(専用の部屋だったりICUだったり)に戻ります。患者さんは、「手術が終わって目が覚めたそのとき」にはすでに全身麻酔から醒めてしまっているわけです(当然のことですが)。言うまでもなくすげぇ痛いはずです。そんなとき、硬膜外麻酔が入っていれば、持続的に麻酔薬を注入することで痛みを和らげることができます。よって、術中および術後の痛み止めとして、全身麻酔下での手術の直前などによく行われています。

硬膜外麻酔の方法・手順

硬膜外麻酔で使用する物品

硬膜外麻酔で使用する物品

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第5回 硬膜外麻酔|適応と禁忌、実施方法、使用薬剤、副作用と合併症

硬膜外麻酔とは  脊髄を覆っている硬膜の外側の空間(硬膜外腔)に局所麻酔薬を投与する麻酔法で、カテーテルを留置して持続的に薬を注入する方法が一般的です。投与された薬は脊髄や周囲の神経繊維に浸透して鎮痛効果を表しますが、穿刺部位や薬の注入量を調整し、効かせたい脊髄分節の範囲に

2021/5/12