1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. ―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性【PR】

【連載】最新情報がわかる! 学会・セミナーレポート

―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性【PR】

  • 公開日: 2019/2/22
  • 更新日: 2020/3/26

2018年12月3日、獨協医科大学(栃木県下都賀郡)にて、「―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性」セミナーが開催されました。

獨協医科大学麻酔科学講座の山口重樹先生の座長のもと、東北大学大学院医学系研究科外科病態学講座麻酔科学・周術期医学分野の山内正憲先生、東北大学病院生理検査センターの三木俊先生が、知覚痛覚定量分析装置PainVision(ペインビジョン)を用いた痛み・知覚の定量評価と治療への活かし方について解説しました。

共催:獨協医科大学/ニプロ株式会社

新着

【がん患者さんの認知症・せん妄ケアオンラインセミナーStep1】がん患者さんのせん妄ケア 〜入院から居宅まで〜開催のお知らせ

高齢化社会の進展に伴い、がん治療を受けるがん患者さんの高齢化も進んでいます。高齢がん患者さんには特有の合併症が多くあり、認知症やせん妄もその1つです。 がん治療開始後の認知症の悪化やせん妄の発症により、その治療機会を失するがん患者さんも決して少なくありません。認知症やせ

2020/10/23