1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. マネジメント
  6. 高齢者ケア・認知症ケアは病棟師長(看護管理者)で決まる!~みかたを変える看護管理~

【連載】「できる」に注目する高齢者看護

高齢者ケア・認知症ケアは病棟師長(看護管理者)で決まる!~みかたを変える看護管理~

  • 公開日: 2020/2/19
  • 更新日: 2020/3/26

目次

※「2.病棟師長が認知症の知識をもつ」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


 病棟師長の皆さんは、認知症ケアについてどのくらい関心をもっているでしょうか。自分の親だったらどのような認知症ケアを受けてほしいか、自分だったらどのような認知症ケアを受けたいか、自分の病棟の認知症ケアを受けたいと思うかなど、考えてみてはいかがでしょうか。
 
 病棟の認知症ケアの質は、病棟師長が認知症ケアをどのように理解し、病棟で推進していこうとしているかに左右されます。つまり、病棟師長の考えにスタッフも影響を受けるのです。さまざまな認知症ケア環境のなかで、認知症患者(以下、患者)の対応にジレンマを感じているスタッフもいます。スタッフは、患者にみられる認知症の中核症状・BPSD(行動・心理症状)をマイナスイメージで捉え、ケアの困難さ・負担感を感じ、患者の苦痛に気づけないまま、目の前で起こっている行動を抑えるような対応になりがちです。
 
 症状の軽減を図るための薬物療法で、生活の質(QOL)の低下を招いているケースもあります。中には、スタッフが不適切な対応だと気づいていても、ケアの改善に向けて一歩を踏み出せずにいることもあります。スタッフが不適切であるという思いをもちながらケアをすることがないように認知症ケアを改善することが、患者もスタッフもハッピーになることにつながるのではないでしょうか。
 

1.病棟師長が病院の理念をもとに病棟を牽引する

 病棟では病院の理念をもとに目標を立案し、運営しています。当院の場合、理念は「認知症ケアの基本」であることをスタッフに周知し、毎年病棟の目標を立案、具体策を考えています。このとき、チームリーダー(病棟におけるリーダー的立場にある看護師)が中心となって進めますが、必ず「患者中心であること」という視点を忘れないようにします。そして、病棟全体や各チームの状況、スタッフのケアの傾向や問題点、患者家族の要望などを踏まえ、考えられるようにスタッフを指導します。
 
 さらに、病院の質管理のさまざまなデータから、客観的に自病棟をみること、他病棟との違いなどにも目を向けながら考えられるようにすることもチームリーダーには必要な力です。病棟師長はチームリーダーがしっかりとチーム運営をしていける力を高めていけるよう意図的にかかわりをもち指導していきます。そして、どのような理念や目標のもとで病棟を運営し、具体的にどのように進めながら病棟づくりをするのか、病棟師長が目指す病棟像をしっかりと描きながら、チームリーダーやスタッフを牽引していかなければなりません。
 

2.病棟師長が認知症の知識をもつ

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

いつでも・どこでも・誰でもレクチャー~認知症対応力向上を目指した院内教育ガイドの作成~

ul.section-nav{display:none;} 目次 1.認知症対応力向上を目指した院内教育ガイド作成の経緯 2.院内教育ガイドの作成 ■看護師に必要な認知症に関する基本的知識の選定 ■院内教育ガイドの特徴 3.院内教育ガイ

2020/3/18