1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 患者さんの保温、どうしてる?―感染対策にも役立つ保温ブランケットについて知ろう!―【PR】

【連載】原因と対策を知って、医療現場の困ったを解決!

患者さんの保温、どうしてる?―感染対策にも役立つ保温ブランケットについて知ろう!―【PR】

  • 公開日: 2020/6/3
  • # 注目ピックアップ
  • # 感染予防
  • # 手術看護全般

体温調節・体温管理が必要な場面とは?

病院内は一定の温度に保たれていますが、患者さんを保温する必要があるケースがあります。

患者さんの保温が必要なケース
周術期の患者さん
カテーテル室で処置を受ける患者さん
悪寒戦慄のある患者さん

 それぞれの場合に合わせて、適切に保温を行い、体温管理をしなければなりません。

手術中の患者さんの体温管理が必要なのはなぜ?

 ヒトは体内で常に熱を生み出し、その熱を放散することで体温の調節を行っています。核心温が37℃程度に保たれているのは、視床下部にある体温調節中枢と呼ばれる部位が機能しているためです。

 手術を行う際に使用する全身麻酔下では、体温調節反応が鈍くなり、体温の調節ができなくなることがあります。そのほか、熱伝導による熱喪失などの理由で正常体温が維持できなくなってしまう可能性があります。

 手術患者さんの正常体温が維持できないと、心疾患のリスクの増加、出血および輸血の必要性の増加、薬物代謝・覚醒遅延などさまざまな術後合併症のリスクとなります。手術中は体温をモニタリングし、加温装置やブランケットを適正に使用して正常体温の維持につなげます。

手術患者の正常体温維持の意義についてはこちら

カテーテル室で患者さんの保温が必要なのはなぜ?

 カテーテル室では検査着をはだけたり脱いだりする必要があるため、患者さんから寒いという声が聞かれる場合があります。患者さんの安楽のためにも保温する工夫が必要となります。

悪寒戦慄のある患者さんの保温が必要なのはなぜ?

 体温調節中枢がなんらかの理由で通常よりも高い温度に設定されると、設定された温度まで体温を上げるために起こる身体の反応により悪寒を感じたり、身体の震え(戦慄)が起こります。

どう対応する?

 手術室での体温調節は、加温器やブランケットなどを組み合わせ行います。必ずしも低体温となるわけではありませんが、低体温になると想定して保温し、体温もモニタリングしましょう。ブランケットは、さまざまなメーカーの製品がありますので、自身の施設に合ったものを選択し、使用する際には、手術部位や体位などに合わせた工夫が必要です。

 カテーテル室では、患者さんから寒いという訴えがあれば、不快な思いをさせないよう、バスタオルや膝掛けなどで保温します。

 悪寒戦慄のある患者さんには、電気毛布やホットパックなどを用いて保温します。悪寒戦慄が治まったら、使用を中止します。

 ケースに合わせて対応し、患者さんの安全・安楽に努めましょう。


ディスポーザブルの保温ブランケットを使用して患者さんに安全・安楽を提供

 「3MTMかけるだけであったかい保温ブランケット」は、もともと、患者さんの体温管理や感染対策に厳しい手術室で使用するために、日本で開発されました。

 このブランケットに使用されている3MTMシンサレートTM高機能中綿素材は、「より暖かく、より薄く」というコンセプトのもと開発されており、全世界でウィンタースポーツウエア、手袋、ブーツ、帽子、寝具にまで採用されています。

高い保温性

 縦にミシン目が入っていて、横もハサミで切り離すことができ、最大4分割にして使用することができます。上からかけるだけでなく、切り離して手足に巻く、などさまざまな手術体位や使用のシーンに合わせてご使用いただけます。

ブランケットサイズ

温風式加温装置との併用例
ブランケット掛け方例

 また、スリーエムのテクノロジーの一つである不織布技術を活用したシンサレートは低発塵性(低リント)を実現し、特に手術室で心配される感染リスクの低減に貢献します。

低リント

 感染防止の観点から考えると単回使用が望ましいのは、いうまでもありません。特にCOVID-19の感染が疑われる場合、厚生労働省が通達した「医療機関における新型コロナウイルスに感染する危険のある寝具類の取扱いについて」で「新型コロナウイルスに感染する危険のある寝具類の洗濯を外部委託するに当たっては、やむを得ない場合を除き、医療機関内の施設で消毒を行うこと。」とされているため、ブランケットなどを使用した場合は、施設内での消毒が必要となります。

 この機会に、再度ご施設でのより安全な患者さんの保温について見直してみてはいかがでしょうか?

3MTMかけるだけであったかい保温ブランケット」詳しくはこちら

この製品を試してみよう!
サンプル申し込みはこちら!

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

高齢者のスキンケア|皮膚の特徴、トラブル発生のリスクとスキンケア【PR】

高齢者の皮膚は加齢に伴う変化などにより、スキントラブル発生のリスクが高くなります。この記事ではどのようなスキントラブルのリスクがあるのか、スキンケアをどう行うとよいのかを解説します。 高齢者の皮膚の特徴  高齢者の皮膚は、加齢に伴い菲薄化や扁平化、張力の低下、乾燥(ド

2022/1/25

アクセスランキング

1位

看護職だからこそ!体内リズムの改善で生活の「質」を高めよ

◆睡眠の「質」が生活の「質」及ぼす影響とは? 体内リズムが生活全般に影響  人生の3分の1を占めるといわれる「睡眠」ですが、日本人の5人に1人は睡眠に対し、不眠などの悩...

246995
2位

【事例5】末期・終末期にある患者の看護 ~最期まで自宅で

※「事例アセスメント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。 事例紹介  Eさん、70歳代後半、男性 既往歴  陳旧性心筋梗塞〔冠動脈バイパス術(CABG)+経皮的冠...

247796
3位

―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性

2018年12月3日、獨協医科大学(栃木県下都賀郡)にて、「―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性」セミナーが開催されました。 獨協医科大学麻酔科学講座の山口重樹先生の...

249111
4位

高齢者の低栄養を防ぐために! 入院前から退院後まで視野に

福岡大学病院では、多職種からなる栄養サポートチーム(NST)が、全科を横断して患者さんの栄養管理を行っています。また同院では、入院前から退院後までを視野に入れた継続的な栄養管理を目指し...

249515
5位

-在宅高齢者の低栄養を防ぐ- 継続的な栄養管理を実現する

【インタビュー】情報共有によって利用者さんの栄養状態を支える 島田雅子さん福寿会 福岡クリニック(在宅療養支援診療所) 看護師長代理 高齢者の低栄養状態は、QOLのみならず生命予後にも...

249716
6位

高齢者の低栄養を防ぐ! 病棟から地域まで、患者さんに栄養

高齢者の低栄養状態は、疾患からの回復を妨げ、悪化や再発につながります。そこで最近では、入院患者さんに早い時期から栄養アセスメントを行う医療施設が増えています。 しかし、入院中は良好に保たれた...

249873
7位

モンスターペイシェントへの7つの対応方法

患者さんからの暴力・暴言を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。今回は、モンスターペイシェントについて解説します。 ▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめ...

251114
8位

希釈液の濃度計算を攻略する!

【関連記事】 * 簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法 * リンゲル液、乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液の違いは? * 【問題2】抗生剤と生食50mlを、30分間 成人用ルー...

249699
9位

摘便とは|適応・禁忌・手順・コツ〜根拠がわかる看護技術

【関連記事】 ●グリセリン浣腸の目的と手順【マンガでわかる!看護技術】 ●第8回 腹部膨満を訴える患者さんのアセスメント(排ガスの有無など) 摘便とは  摘便とは、自然...

249674
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675