1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 書籍紹介
  5. おうちでできる えんげ食

おうちでできる えんげ食

  • 公開日: 2013/11/21
  • 更新日: 2020/3/26

おうちでできる えんげ食表紙

おうちでできる えんげ食内容おうちでできる えんげ食内容②

おうちでできる えんげ食内容③おうちでできる えんげ食内容④

おうちでできる えんげ食内容⑤おうちでできる えんげ食内容⑥

Amazonで買う

書誌情報

  1. 発売 2013年11月22日
  2. 版型 B5版
  3. ページ数 92
  4. 定価 1700円+税

概要

ナース専科初の一般向けの書籍。笑顔で食べてもらう知恵と工夫が満載の1冊。

誤嚥しにくさと食べやすさ、見た目の良さを持つ嚥下食を作る施設も増えてきましたが、一般家庭では、レシピが普及していないことや作るのに手間がかかりそうなことから、なかなか広まっていません。
そこで、この書籍では一般家庭でも気軽に作れるような工夫を凝らしたレシピを掲載。さらに、摂食・嚥下障害看護認定看護師に嚥下についての基礎知識を解説してもらい、嚥下についての知識をギュッとまとめました。

収録コンテンツ

第1部

  1. 基本の調理
  2. 主食レシピ
  3. 汁ものレシピ
  4. 主菜レシピ
  5. 副菜レシピ
  6. デザートレシピ
  7. 飲み物レシピ

第2部

  1. 飲み込むこと、食べること
  2. ナースに聞いて日々の“困った”を解決

著者プロフィール

板垣卓美
埼玉県総合リハビリテーションセンター

Amazonで買う

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

K式スケール、在宅版K式スケール(在宅版褥瘡発生リスクアセスメント・スケール)

1.K式スケール、在宅版K式スケールは何を判断するもの?  K式スケールは、前段階要因と引き金要因を、Yes、Noの2択式で評価します。  「金沢大学式褥瘡発生予測尺度」とも呼ばれ、当時金沢大学医学部保健学科教授(現・東京大学大学院医学系研究科教授)の真田弘美

2020/5/30