1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 口腔ケア
  5. 安心安全!小さな歯ブラシで出血させない口腔ケア

【連載】難しい患者さんの日常ケア

安心安全!小さな歯ブラシで出血させない口腔ケア

  • 公開日: 2014/3/12
  • 更新日: 2021/1/5

出血傾向の患者さんにはこう対処する

出血傾向がある場合、全身的なものか、局所的なものかをまず鑑別することが大切です。

原因が全身的なもの

〔原 因〕

主な原因疾患は、血管異常、血小板異常、凝固因子の異常などです。カルテで疾患と処方薬、血液データ(白血球数、血小板数)をみて判断します。

〔対処法〕

どこから出血しているのか確認し、出血箇所を避けて、粘膜を刺激しないよう柔らかいブラシや小さい歯ブラシ(ワンタフトブラシ)で細かく磨きます。すでに出血していたり、歯肉が腫脹して出血の可能性が高い場合は、ワンタフトブラシで注意深く、できるだけ歯肉を刺激しないように清掃します。出血が続いている場合、ガーゼで圧迫して止血します。口唇や口腔内が乾燥していると、粘膜が切れて再び出血してしまうため、アズノール軟膏やワセリンなどでよく保湿します。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

口腔ケア|目的と手順、看護の注意点、観察項目、症状別ケア(総まとめ)

ul.section-nav{display:none;} 口腔ケアとは? 口腔ケアの目的 口腔ケアの効果 口腔ケアの必要性 口腔のしくみと働き 看護の役割 口腔ケアの物品・方法・手順 唾液腺マッサージ 高齢者の口腔ケア 症状別口腔ケア 口

2020/3/15