1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がん患者への精神的ケア
  6. 第5回 【がん】再発・転移時に抱えるストレス

【連載】がん患者さんへの言葉かけトレーニング

第5回 【がん】再発・転移時に抱えるストレス

  • 公開日: 2012/4/26

再発や転移が明らかになったとき、治癒が望めなくなった衝撃とともに、身体症状も現れ始めます。治癒についての不安を解消し、信頼関係の再構築が必要です。


再発・転移時に抱えるストレス

がん患者さんにとって、最も大きな苦悩の時期の一つが、再発・転移のときです。

初発のときは、手術や抗がん治療によって腫瘍が消え、そのまま治癒する可能性があるのに比べ、再発・転移した場合は、現代医学ではほとんど治癒は望めないため、より強く死を意識することになります。

治療の目的が「治癒」から「延命」へと変わり、死と向き合うことになるので、その衝撃はかなり大きなものになります。そのため、精神的な動揺も大きく、抑うつ的になったり、適応障害を起こしたりするリスクも高くなります。

患者さんの中には、化学療法の副作用によって、思うような生活ができないことから、治療の中止を望む人もいますし、体力低下のため、治療の中断を余儀なくされる人もいます。主治医などとのコミュニケーションも難しくなりがちです。

確認ポイント

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

【事例4】強心薬から離脱できず退院困難な心不全患者の看護 ~在宅での療養を実現するための支援~

※「事例アセスメント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。 事例紹介  Dさん、80歳代前半、女性 現病歴  弁膜症術後、心不全 既往歴  X-23年 僧帽弁置換術、三尖弁形成術  X-18年 徐脈性心房細動でペースメーカ

2020/1/16