1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. スキンケア
  5. 第6回 スキンケア(湿潤への対応)

【連載】ナースのための褥瘡ケア

第6回 スキンケア(湿潤への対応)

  • 公開日: 2009/8/20
  • 更新日: 2020/3/26

ベット上で過ごされる方は発汗や失禁などが原因となり、皮膚のトラブルが起きやすい時期ともいえます。特に高齢者の皮膚は加齢に伴い、水分保持能力や皮脂分泌機能が低下することで、外からの刺激やアレルゲンの侵入を保護するバリア機能が破綻しやすい状況です。また、皮膚の細胞分裂能の低下や細胞数の減少で、表皮が菲薄化することなどで皮膚障害が発生しやすい状態となっています。 さらに、皮膚が脆弱になったところに圧迫・摩擦・ずれなどの外力が加わると、褥瘡発生のリスクが高くなります。今回は、褥瘡予防に必要なスキンケアについて考えていきたいと思います。

湿潤による皮膚の変化

正常な皮膚の細胞は、レンガのように整列して、外部からの刺激物や水分を侵入させない役割をもっています。しかし、汗をかいたり失禁したりして、長い時間、皮膚に過剰な水分が付着したままだと、角質細胞が水分を吸収して膨潤して、細胞同士を密着させている構造が崩れます。その結果、皮膚の耐久性やバリア機能が弱くなって、表皮剥離が起きたり異物や微生物の侵入が起きたりしやすくなるのです。

湿潤による皮膚の変化湿潤による皮膚の変化②

臀部のスキンケア

失禁後のおむつ交換時には、皮膚のpHと同じ弱酸性の洗浄剤をよく泡立てたもので洗い、排泄物を除去します。その後、ぬるま湯を用いて擦らないように洗い流します。あまり頻回に洗浄をしすぎると、皮脂膜を取り去ってしまいますので便失禁などの場合には、オリーブオイルなどオイルで便を取り去るケアも有効です。 常時失禁がある場合は、皮膚に浸軟が起きやすくなりますので、スキンケア製品を使用して浸軟を予防します。尿失禁が頻回な場合は、はっ水性があり、なおかつ保湿効果もある皮膚保護クリームを使用します。(セキューラRDC(スミス・アンド・ネフューウンドマネジメント(株))リモイスRバリア(アルケア(株))) 便失禁を伴う場合は、ワセリン基材(セキューラRPO(スミス・アンド・ネフューウンドマネジメント(株)))のものやオイルベース、皮膚に保護膜を作る(リモイスRコート(アルケア(株))ものまで様々な製品がありますので活用してください。

臀部のスキンケア臀部のスキンケア②

失禁時、排泄物の皮膚への影響

オムツ内は蒸れやすい状況にくわえ、排泄物によって皮膚の損傷が起きやすい状況となっています。尿はもともと弱酸性なのですが、時間が経つに従って、尿素が分解されアルカリ性に変化します。また、尿路感染を起こしていると尿はアルカリ性となります。アルカリ性のものが皮膚に着いたままとなると細菌が繁殖しやすくなり、感染を起こしやすくなってしまいます。 また便失禁の場合、便はもともとアルカリ性なので化学的刺激を皮膚に与えます。水様便の場合は、さらに腸管内の消化酵素が便と一緒に排泄されてきてしまいますので、皮膚に障害を起こしやすくなる事に加え、便の中の細菌によって感染を引き起こしやすくなるという特徴があります。

オムツについて

失禁が頻回だったり量が多かったりすると、横漏れしてしまうと言う理由で、オムツを何重にも当てている状況をよく見受けられますが、実は逆効果となっていることがよくあります。 オムツの股繰りの部分には、横漏れ防止のギャザーがついています。何枚も尿取りパッドを重ねたり、平型オムツを挟み込んだりすると、股繰りのギャザーをつぶしてしまい、横漏れを招く原因になります。 また、尿取りパッドを含めオムツには吸収体としてポリマービーズが入っていますので、尿や水分を吸うとビーズが膨潤し硬くなります。また、排泄物が吸収されたおむつ内は、密閉されていることで高温・多湿の環境になりやすく、ムレや湿潤を生じやすい状況になります。そして、何枚ものオムツが膨潤して身体に圧迫を加え、褥瘡を発生させてしまうこともあるのです。 オムツや尿取りパッドは用途に応じて吸収量が違います。排尿の頻度、排泄量などを把握するために、一日の排泄状況をチェックすると、オムツ替えの時間、トイレ誘導の時間などを把握できます。

オムツについて

また、水様便の場合、通常の尿取りパッドでは吸収面の目詰まりを起こしてしまい、漏れの原因となってしまいます。最近では、軟便・水様便も素早く吸収できる構造のオムツが開発されています。 水様便が続く場合は使用してみるのもよいでしょう。(参考商品:Sケア軟便安心パッド(大王製紙(株))

オムツについて②

適切な尿取りパッドやオムツを選択すれば、殆どの方が尿取りパッド1枚とオムツのみで対応できるはずです。(例えば、尿道留置カテーテルを挿入されている方には、基本的には尿取りパッドは必要ありません) 横漏れが心配で何枚ものオムツを重ねるのは、コストにも無駄を出していることは多くの調査でわかってきています。『オムツは必要最低限、正しく当てる!』方法でケアしましょう。

体圧分散寝具使用中の方のムレ

体圧分散寝具は、体表面積を広く支えることで体圧を分散する機構をとっているため、体とマットレスの接触面積が増えます。そのため、背部にムレが生じやすくなってしまいます。特に、ウレタンマットレスは熱をため込む性質があり、発汗量が増え、蒸れを生じやすいため注意が必要です。

体圧分散寝具使用中の方のムレ

製品によってはカバーに透湿性をもたせるなどの工夫をしておりますので、ある程度の湿潤には配慮されています。特に、新しいタイプのエアマットレスでは「換気機能」を備えており、エアマットレス内部の湿った空気を外に押し出し、マット内の湿度を保つ機能などがありますので活用してください。(参考商品:ビッグセル-ExR、NEXUSR (株)ケープ)

マット内の湿度を保つ機能(参考商品:ビッグセル-ExR、NEXUSR (株)ケープ)

マットレスの上に敷くシーツは通気性、透湿性、吸水性に優れたものにします。背部にバスタオルを敷くことを多く見ますが、バスタオルを敷くと背部に熱気がこもりやすくなると言われています。また、バスタオルがよれて皺になり褥瘡発生の要因となるため、原則的にはバスタオルは敷かないように推奨されています。今は殆ど見られなくなりましたが、防水シーツの代わりに平型のオムツやビニールシート、ラバーシーツなどを用いることがまれに見受けられます。蒸れの原因となりますので使用しないように注意し、在宅などで見受けられた時にはご家族に情報共有します。 身につける寝衣は、木綿素材のやわらかいものを着用したほうが、汗の吸収が良く皮膚への負担がかかりにくいと言われています。また、汗などで濡れた寝衣はそのままにせずこまめに取り替えます。

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【がん患者さんの認知症・せん妄ケアオンラインセミナーStep1】がん患者さんのせん妄ケア 〜入院から居宅まで〜開催のお知らせ

高齢化社会の進展に伴い、がん治療を受けるがん患者さんの高齢化も進んでいます。高齢がん患者さんには特有の合併症が多くあり、認知症やせん妄もその1つです。 がん治療開始後の認知症の悪化やせん妄の発症により、その治療機会を失するがん患者さんも決して少なくありません。認知症やせ

2020/10/23