1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. フィジカルアセスメント
  5. 問診
  6. 喀血・吐血とは?原因と鑑別、看護のポイント

【連載】フィジカルアセスメント症状別編

喀血・吐血とは?原因と鑑別、看護のポイント

  • 公開日: 2011/10/4
  • 更新日: 2021/1/5

喀血も吐血も「口から血が出る」症状を呈します。 しかし、喀血は呼吸器から、吐血は消化器からと、出血源も原因も異なります。 患者さんの症状がどちらなのかを見極められるようになるため、まずは喀血と吐血の基本知識を身につけましょう。



喀血・吐血の基礎知識

「口から血が出る」のは喀血・吐血だけではない

喀血・吐血の場合、患者さんは「口から血が出た」と訴えます。しかし、目に見える症状は「口から血が出る」と同じようでも、吐血と喀血・血痰、飲み込んだ鼻血、さらに歯槽膿漏などの口腔からの出血など、出血源も原因もさまざま。

ここでは喀血と吐血について取り上げますが、患者さんから「口から血が出た」と言われたら、喀血、吐血だけではなく鼻血、口腔からの出血も想定します。

ここで「口から血が出る」2大症状の基本知識をおさらいしておきましょう。

喀血とは、気管や気管支、肺などの呼吸器系の器官からの出血で、咳などによって血液を吐き出すことです。吐血とは食道や胃、十二指腸などの消化器系の器官からの出血で、嘔吐反射によって血液を吐き出すことを指します。

ここで注意したいのは、高齢の患者さんが「喀血した」と訴えた場合です。高齢者の世代では、若いころに結核が蔓延していたため、「口から血が出る」イコール喀血と刷り込まれていることが多いからです。

患者さんの訴えを鵜呑みにしないで、必ず看護師自身の五感と知識と経験を生かし、喀血か吐血かの鑑別および出血源や原因を精査しましょう。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

不安・不眠への対応|症状別がんの緩和ケア

ul.section-nav{display:none;} 目次 I.はじめに II.事例の概要 III.アセスメントとケアの計画・実践 Point①不安とスピリチュアルペインへの対応をカンファレンスで考える Point②薬剤を使用し、睡眠を確保

2019/10/29