1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 吸引
  5. 気管吸引 実施の見極めポイント

【連載】500人のギモン&お悩み徹底解決

気管吸引 実施の見極めポイント

  • 公開日: 2012/4/9

気管吸引は2時間ごとなど、時間を決めて定期的に行うものではなく、実施するかどうかはアセスメントを行って決定します。
では、アセスメントの際はどこを見て判断するとよいのでしょうか。
今回は、気管吸引が必要かどうかを見極めるためのアセスメントのポイントを解説します。


▼気管切開についてまとめて読むならコチラ
気管切開とは? 気管切開の看護
▼吸引のまとめ記事
吸引の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コツ


Q. 時間ごとに定期的に吸引を実施しているのですが、その頻度は一般的にどのぐらいが適しているのでしょうか。また、本当に必要なタイミングの見極めはどのように行えばよいでしょうか。

A. 気管吸引は定期的に行うべきものではありません。アセスメントによりその必要性を評価し、実施するようにします。

気管吸引を行うのは必要な時だけ!

 気管吸引は、分泌物による気道の狭窄や閉塞が生じている場合以外は、必要以上に行うべきではありません。適応になるケースとしては、(1)気管切開や気管挿管などを行っている場合、(2)患者さん自身で効果的に気道分泌物の喀出ができない場合があります。
>> 続きを読む

 

 実施にあたっては、視診、聴診、打診などフィジカルアセスメントの技法を活用し、患者さんの状態を観察・評価します。具体的には、視診により、(1)痰などの分泌物が気管チューブ内に上昇してきているか、(2)胸郭の動きの左右差や呼吸時の振動がないか、(3)表情や体動から呼吸状態が苦しくないか、をみます。

 次に肺を聴診し、(4)副雑音(断続性ラ音、喘鳴)が聴取されたり、呼吸音が弱くなっていないかを、さらに胸を打診して、(5)清音から濁音への変化から横隔膜の高さを推測し、胸水や無気肺の有無と程度を確認します。

 最後に(6)人工呼吸器の気道内圧の上昇、換気量の低下、呼吸流速の低下、(7)人工呼吸器と呼吸のリズムが合わなくなっていないか(バッキングの有無)を確認します。

 気管吸引は「何時間おき」などルーチンで行うべきではなく、このようなアセスメントを行ったうえで、必要な場合のみ実施するようにします。過度な吸引は合併症のリスクを高めることになります。

(「ナース専科マガジン」2010年5月号より転載)

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

第5回 小児の吸引(気管吸引)|目的、手順、注意点

吸引の目的  小児は上気道が狭く自分の力で分泌物を喀出できないことがあるため、気道閉塞を起こしやすい状態になっています。そのため、下記の目的で必要時に吸引を実施します。 ①気道分泌物などの異物の除去 ②気道閉塞の防止と換気の改善 吸引の適応  以下のような症状が

2022/2/15

アクセスランキング

1位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
2位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
3位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

250001
7位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
8位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
9位

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

250750
10位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812