1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 急変対応
  5. 急変時のケア
  6. 気管挿管に必要な物品(挿管チューブ、スタイレットなど)10個とその役割

【連載】ねじ子のヒミツ手技

気管挿管に必要な物品(挿管チューブ、スタイレットなど)10個とその役割

  • 公開日: 2015/3/5

急変対応時に欠かせない救急カートには、さまざまな物品や薬が準備されています。

もし挿管をすることになった場合、この中から正しく物品を選ぶことができますか。

今回は挿管に必要な物品とその役割について解説します。


1 挿管チューブ

サイズの目安は、

    ● 男性の場合:8.0~9.0mm
    ● 女性の場合:7.0~8.0mm

です。開封する前に医師にサイズを確認しましょう。

気管挿管に必要な挿管チューブの全体像

2 スタイレット

挿管チューブの形状を保つために使用します。

気管挿管に必要なスタイレットの全体像

3 キシロカインスプレー

スタイレットを挿管チューブに入れるときの潤滑剤として使用します。

気管挿管に必要なキシロカインスプレー

4 キシロカインゼリー

挿管チューブが声帯をスムーズに通過するために不可欠です。

気管挿管に必要なキシロカインゼリー

5 カフ用シリンジ

事故防止のために、カラーシリンジを使用するのが一般的です。

気管挿管に必要なカフ用シリンジ

6 喉頭鏡

成人の場合、ブレードのサイズは3号が一般的です。体格が大きい患者さんの場合は、4号も用意しておきましょう。

気管挿管に必要な喉頭鏡

7 バイトブロック

気道閉塞・挿管チューブの破損予防のために使用します。歯がない患者さんの場合、使用しないこともあります。

気管挿管に必要なバイトブロック

8 固定テープ

医師によって、使用するテープの種類や本数が異なる場合があるので、あらかじめ確認しましょう。

気管挿管に必要な固定テープ

9 聴診器

誤挿管になっていないことを確認するために、挿管後に必ず聴診をします。

気管挿管に必要な聴診器

10 吸引

唾液や吐物を吸引するために使用します。口腔用と気管用を準備しておきましょう。

気管挿管に必要な吸引

引用・参考文献

『ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson』
★書籍の詳細はコチラ

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

圧迫止血とは|直接圧迫止血法と間接圧迫止血法の手順と注意点〜根拠がわかる看護技術

ul.section-nav{display:none;} ※本記事では基本的な方法を解説しています。状況などによって対応は異なることがあります。 圧迫止血法とは?  外傷から活動性の出血がある場合、失血を防ぐために行われる処置です。出血により急速に大量

2019/4/3