1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 急変対応

急変対応

急変対応関連の記事の一覧です。

急変はいつ、どこで、何が原因で起こるかわかりません。急変した患者さんを発見した場合は、ただちに医師や他の医療者に応援を要請し、報告は「5W1H」または「SBAR」などを用いて、必要な情報を要領よく手短に報告するようにします。急変を起こす患者さんは、その前から何らかのサインを出していることが少なくありません。普段から患者さんからのサインを見逃さないようにするとともに、急変が起こった際には落ち着いて行動できるよう対応を知っておくことが大切です。

まとめ記事
*急変時の対応

急変対応 記事カテゴリ

「急変対応」の記事一覧

15件/62件

意識障害がみられる患者さんへのアセスメントと対応

めまいを訴える患者さんのアセスメントと対応

胸痛を訴える患者さんのアセスメントと対応

腹痛を訴える患者さんのアセスメントと対応

頭痛を訴える患者さんのアセスメントと対応

呼吸困難を訴える患者さんのアセスメントと対応

圧迫止血とは|直接圧迫止血法と間接圧迫止血法の手順と注意点〜根拠がわかる看護技術

気道確保|エアウェイの挿入手順と頭部後屈顎先挙上法

用手換気(バギング)の適応と方法|バッグバルブマスクとジャクソンリース

急変時の対応

【写真でわかる】気管挿管の準備と介助(患者さんの準備)

【動画】経口挿管の介助について知っておこう

腹痛を訴える患者さんへの問診・急変対応

急変を察知する実践法

急変の発生を未然に防ぐ「RRS(迅速対応システム)」とは?