1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 急変対応
  5. 急変リスク
  6. 脈拍と血圧からわかる緊急度の目安

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

脈拍と血圧からわかる緊急度の目安

  • 公開日: 2014/11/1
  • 更新日: 2021/1/6

▼バイタルサインについて、まとめて読むならコチラ
バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について


 心不全患者さんの脈拍や血圧に変化があった場合、意識障害やショックにつながる危険性があります。そこで、脈拍と血圧からわかる緊急度の目安について紹介します。


 心不全患者さんの脈拍や血圧に変化があった場合、平常値と比較して、緊急度を判断します。

 1. 脈拍は平常値±20~30回/分
 2. 血圧は平常値±20~30回/分mmHg

 を目安に判断をします。

脈拍と血圧からわかる緊急度の目安
(図 脈拍と血圧からわかる緊急度の目安)

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[薬剤の影響]急変につながる高齢者のリスク

高齢者の急変は、気付いたときには重篤化していた! ということが多いもの。高齢者の心身の機能低下の仕組みを知り、急変リスクへの理解を深めておきましょう。 薬剤の影響の要因は? 加齢に伴って、予備能力が低下するため、高齢者は薬剤の影響を受けやすいとされています。 1

2014/4/2