1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. スケール・指標
  5. 浮腫のアセスメントスケールを活用してみよう!

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

浮腫のアセスメントスケールを活用してみよう!

  • 公開日: 2014/10/31
  • 更新日: 2020/5/18

浮腫のアセスメントスケールを紹介します。


▼浮腫についてまとめて読むならコチラ
【浮腫とは?】浮腫のメカニズムと治療・ケア

関連記事はこちら
浮腫とアルブミン
浮腫のアセスメント
浮腫があるのに、脱水のため水を欲しがる患者さん(その1)

浮腫のアセスメントスケール

 心不全による浮腫の特徴は、「下肢の浮腫」です。

 まずは、足背から症状が現れ、膝下あたりまでむくみます。さらに大腿部までむくんでいる場合は、かなり進行した状態と判断できます。

 浮腫の程度はアセスメントスケールを活用してみましょう。

浮腫のアセスメントスケール

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)

関連記事はこちら
浮腫とアルブミン
浮腫のアセスメント
浮腫があるのに、脱水のため水を欲しがる患者さん(その1)