1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 浮腫
  5. 第9回 浮腫があるのに、脱水のため水を欲しがる患者さん(その1)

【連載】山内先生の公開カンファランス

第9回 浮腫があるのに、脱水のため水を欲しがる患者さん(その1)

  • 公開日: 2015/2/6

今回の事例では、いくつかの症状がある患者さんをどう捉え、アセスメントしていけばよいのかを考えます。


今回の事例
【脱水の患者さんのアセスメント、どうする?】

ICUで緊急入院された熱中症の患者さん。夏の暑い部屋で空調設備もなく倒れていたところを発見され、運ばれてきました。 熱中症以外にも栄養状態が悪く、水分だけでなく食事も摂取されていませんでした。高度貧血と脱水があり、輸血と補液を開始。輸血を行ったことで、貧血はある程度改善され、その後は補液のみを行いました。飲水制限はありませんでした。尿が出ていないため過度の飲水で、浮腫が出現。それでも口渇が強く、飲水を希望されています。

→あなたならこんなときどうする?


関連記事
●浮腫があるのに、脱水のため水を欲しがる患者さん(その2)

山内先生の解説を先に読みたい方はこちら
●山内先生の解説

まずは、この患者さんが引き続き飲水を希望したとき、患者さんに水を渡すかどうかをナース専科コミュニティの会員に聞きました。回答者数は271人でした。

回答集計グラフ


過半数以上の人が「いいえ」と回答。では、それぞれの回答理由を見ていきましょう。

「はい」と答えた人の回答理由

●浮腫があっても、飲水制限がなく、患者が口渇を訴えるのであれば、水を渡します。(まりもさん)

●ごく少量の水または氷をあげます。心疾患や腎疾患の可能性もありで貧血の原因がわからないので、最悪、腎性貧血の可能性を考えます。頭からあげないとストレスを与えるので。(小春ままさん)

●ただの水だと塩分不足なのでOS-1なら多少は(輸液量はその分減らして)経口摂取は構わないと思う。絶食はptにとって苦痛なもの。(kokoさん)

●飲むだけではなく、口を漱ぐ、氷片を含むなど、心理的に飲水要求を満たすことも大切。(まりりんさん)

●呼吸状態や血行動態に注意しながら、少量の氷などを与える。乏尿状態については他にもデータをみて医師に相談、治療方針を検討してもらうことは必要かもしれない。しかし、尿が出ないからといって、一方的に水分を制限しても、患者様の改善につながるとは思えない。(あきらさん)

●口渇がある=脱水状態がまだ残っているのではないかと考える。浮腫があっても、血管内の脱水が改善しているとは考えにくい。また、浮腫は低栄養(低蛋白)からくるものかもしれないので、水過剰と安易に考えるのは危険かもしれない。何より、急性期を脱し経口摂取が可能なら、経口で水を飲んでもらったほうがいい。(トウヤさん)

●飲水制限もなく、口渇を訴えているため、無理に水分を止める必要はないかと。検査値等も確認し浮腫をドクターに報告してから指示をあおぎます。(母さん)

●少量のお水もしくは氷など口に含む程度で渡すと思うから。また飲水制限の確認を患者の状態を報告して医師にすると思う。(匿名希望さん)

●低アルブミン血症に伴う浮腫の可能性があり、心不全のよう心負荷をそれほど重要視す必要はなさそうだから。(Mintoさん)

●少量のみ飲水させますが、低栄養により浮腫であれば胸水の可能性もあり、採血データやレントゲン、点滴、内服薬などすべてをみて量を決めます。(いつさん)

●浮腫は、低栄養による可能性が考えられる。心臓、腎臓機能と尿が出ない原因を調べる。飲水は、時間と量を決めたり、氷を含んで代用してもらう。(3月の桜さん)

次ページでは「いいえ」と答えた人の回答理由を見ていきます。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

第47回 造血幹細胞移植後、貧血の自覚がなく転倒してしまった患者さん

臨床で働いているみなさんにとっては、今回の事例は「自覚のない患者さんっているよね」と思うような内容だったのではないでしょうか。 正解があるものではないこのような事例では、他の人たちがどう考えるのかを知ることも自身のケアに役立つのではないでしょうか。 よくある内容につい

2020/2/11

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
9位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
10位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974