1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 循環器科
  5. 心疾患
  6. 心不全
  7. 心不全による消化器症状(嘔吐、便秘など)とは?

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

心不全による消化器症状(嘔吐、便秘など)とは?

  • 公開日: 2014/10/29

消化器症状を、心不全と関連付けて考えることは、なかなか難しいことです。そこで今回は心不全による消化器症状とその原因について解説します。
2018年2月23日改訂


▼心不全の看護について、まとめて読むならコチラ
心不全の看護|原因、種類、診断、治療


心不全による消化器症状

 1. 食欲不振
 2. 嘔気・嘔吐
 3. 腹部膨満感
 4. 腹痛
 5. 下痢
 6. 便秘

 などがあります。

消化器症状の原因

 心不全による消化器症状は、全身の静脈のうっ滞からくる腸管浮腫や肝腫大が原因で出現することがほとんどです。消化器症状と同時に下肢に浮腫や末梢冷感を認めたら、心不全と考えてよいでしょう。ほかにも、胸水や腹水、体重増加などが認められます。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

Forrester分類

Forrester分類は何を判断するもの?  Forrester分類は、急性心筋梗塞後の患者さんにおける急性心不全の状態を評価するために、1976年に提唱されたスケールです1)。  肺動脈カテーテルで得られる、心係数(cardiac index:CI)と肺動脈楔入圧(pu

2021/3/11