1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 老年看護
  5. 加齢がコミュニケーションにもたらす「4つの悪影響」

【連載】高齢者ケアの「困った!」を解決!

加齢がコミュニケーションにもたらす「4つの悪影響」

  • 公開日: 2014/7/9
  • 更新日: 2021/1/5

治療をスムーズに進めるため、あるいは安全・安楽に支援するために、高齢者特有の症状や機能低下について解説します。今回は、「加齢がもたらす悪影響」です。


影響1 聴覚機能が低下する

→蝸牛内の基底膜の硬化/感覚細胞の減少・変性

聴力は、一般に40歳前後から高音域の聴取能力が徐々に低下し、70、80歳代ではさらにそれが顕著になります。低・中音域は高音域に比べて、緩やかに低下します。

難聴は大きく、伝音性難聴感音性難聴、両者が混在した混合性難聴に分けられます。

伝音性難聴

外耳、鼓膜周辺に炎症などの異常が生じるもので、内耳は正常なので大きな音であれば聞こえます。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

いつでも・どこでも・誰でもレクチャー~認知症対応力向上を目指した院内教育ガイドの作成~

ul.section-nav{display:none;} 目次 1.認知症対応力向上を目指した院内教育ガイド作成の経緯 2.院内教育ガイドの作成 ■看護師に必要な認知症に関する基本的知識の選定 ■院内教育ガイドの特徴 3.院内教育ガイ

2020/3/18