1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんの副作用ケア
  6. 化学療法時の口腔トラブルの予防と対処の3つのポイント

【連載】がん副作用ケアを極める!

化学療法時の口腔トラブルの予防と対処の3つのポイント

  • 公開日: 2015/2/22
  • 更新日: 2020/6/18

抗がん剤の副作用として多いのは、「口内炎」と「口腔乾燥」。完全に予防することは困難ですが、口腔内を清潔に保つことによって、発生時期を遅らせたり、症状を軽くしたりすることが可能です。


【抗がん剤の副作用ケアまとめ記事】
*【抗がん剤の副作用】がん化学療法とは?副作用の出現時期や症状別の看護

口腔トラブルの予防と対処の3つのポイント

ポイント1. がん治療開始前から口腔ケアを指導する

 ケアの基本は、清潔保持(歯磨き)と保湿(うがい)!

 特別なケアではありませんが、重要性を理解してもらうことが大切です。「きちんと磨けているか」「唇や頬の内側、舌側面の状態はどうか」といった、口腔内を観察する習慣をつけるよう指導しましょう。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[動画]爪囲炎のテーピング方法|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

セツキシマブ(アービタックス®)を使用した際の特徴的な副作用である皮膚症状の1つ、爪囲炎の対処法について解説します。 爪囲炎は、投与開始後4〜8週を目処にみられることが多いとされています。 爪囲炎がみられたら、爪と肉芽や爪の皮膚が接触しないようテーピングを行い、保

2020/8/25