1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 褥瘡ケア
  5. 褥瘡の治療・ケア
  6. デブリードマンとは? どんな創に行う? 5つの方法

【連載】褥瘡ケア あなたの疑問をズバリ解決!

デブリードマンとは? どんな創に行う? 5つの方法

  • 公開日: 2015/6/24

いざ褥瘡の患者を目の前にしたとき、経験不足から実践に迷いがあったり、ケアに自信が持てないこともあるでしょう。そこでここでは、褥瘡ケアで今さら聞けないギモンを取り上げ、解説します。


【まとめ記事】
褥瘡とは?褥瘡の看護ケア|原因と分類、評価・予防・治療など
【関連記事】
ここが変わった! 改定DESIGN-R®2020
NPUAP分類


デブリードマンとは? どんな創に行う?

創に壊死組織や感染がみられたら、創を浄化する治療行為としてデブリードマンを行います

 デブリードマン(debridement)とは「壊死した組織を除去する」ことです。つまり、創の中に、死滅した組織、成長因子など創傷治癒促進因子の刺激に応答しなくなった老化した細胞、異物、さらにこれらにしばしば伴う細菌感染巣があった場合、それらを除去して創を清浄化する治療行為をいいます。

デブリードマンの種類と適応

 デブリードマンには5つの方法があります。

 1. 閉鎖性ドレッシング(ハイドロコロイド材など)を用いて自己融解作用を利用する方法
 2. 機械的方法(wet-to-dryドレッシング法、高圧洗浄、水治療法、超音波洗浄など)
 3. 蛋白分解酵素(ブロメライン軟膏など)による方法
 4. 外科的方法
 5. ウジによる生物学的方法など

 褥瘡に感染・炎症がある場合は、早期の外科的デブリードマン(ハサミ、メスを使用)が推奨されています。壊死組織の除去、感染のコントロールの方法として効率がよいとされています。

 また、局所に形成された膿瘍や貯留滲出液は、周囲への感染拡大や全身感染症へと進展する可能性が高いため、早期の切開排膿の判断が必要です。

 硬く厚い壊死組織が固着した(N6)状況で、発熱や局所の炎症(発赤、腫脹、疼痛)、悪臭を認める場合には、壊死組織の下に膿が貯留している可能性があります。切開して膿の有無を確認することが推奨されています。

保存的処置としてのデブリードマン

 外科的デブリードマンには、その規模、程度に幅があり、保存的治療を前提に、壊死組織の内側で壊死組織の切除を行ったり、周囲の健常組織も含めて切除する場合もあります。ベッドサイドでの保存的処置として、壊死組織のごく一部を切除することを「メンテナンスデブリードマン」といいます。

褥瘡が治りにくくなる条件って?

まずは現在の創の状態を把握し、壊死組織、滲出液、誤ったスキンケアなど、さまざまな要因を検索しましょう

DESIGN-Rの評価から創の状態を把握する

 なぜ治りにくいのか、ケアの視点として、まずその創が現在どのような状況なのか確認していくことが大切になります。

 もしかしたら、壊死組織がそのまま存在しているのかもしれません。壊死組織があると感染のリスクが高まります。難治性の創の場合、創傷治癒過程を阻害する原因がないか、現状の褥瘡から確認していく必要があります。

 DESIGN-Rの大文字がつく場合、小文字にする、あるいはなくしていくための治療を優先的に選択していきます。

 例えば、壊死組織があれば除去する、滲出液が増えたら滲出液を管理できる外用剤やドレッシング材の適用へ変更して肉芽形成を促進し、創の縮小、閉鎖を目指す、それぞれの段階で、感染、滲出液過多やポケット形成があれば、それを抑制、解消するような局所治療をするなど、ケアの方法を選択していきます。

患者の全身状態や環境にも目を向ける

 褥瘡の創が難治化する原因の1つに、寝たきりの高齢者が多いことがあります。

 褥瘡が発生し、その創治癒が遷延化するのは、圧迫回避の困難さ、ずれの発生、失禁などによる汚染で褥瘡が生じやすいことが挙げられます。

 マットレスや体位変換によって血流障害となる圧迫を回避しなければ、治癒は難しくなります。加えて、局所要因、加齢変化、栄養状態の低下などを含む複合要因が、褥瘡の難治性を形成しているといえます。

 これらは、まさにリスクアセスメントツールの項目です。ですから、創部の管理とともに、複合要因への対策も難治性の創への取り組みには不可欠となります。

(『ナース専科マガジン』2015年7月号から改変利用)

【関連記事】
褥瘡とは?褥瘡の看護ケア|原因と分類、評価・予防・治療など
発赤を見つけた! 急性期の褥瘡への対応とケア
【褥瘡の評価】DESIGN-R(デザインアール)を用いた評価のコツ
【材料一覧】ドレッシング材の種類・特徴と使い分け

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

褥瘡発生予防のスキンケアと発生時の対応【PR】

褥瘡を発生させないためには、体圧分散やスキンケア、栄養状態の保持などが重要です。褥瘡の発生を予防するためのケアと、褥瘡ができてしまった際のケアに分けて、スキンケアを中心に解説します。 褥瘡を発生させないために必要なスキンケアとは  褥瘡を発生させないためのスキンケアは

2021/12/22

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
5位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
6位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
7位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
8位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
9位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636