1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 排泄援助
  5. 排泄ケア
  6. バルーンカテーテルから尿漏れしているとき、どうしたらいい?

【連載】排泄ケアで困ったこと

バルーンカテーテルから尿漏れしているとき、どうしたらいい?

  • 公開日: 2016/10/8

バルーンカテーテルから尿漏れしている場合、どのように対応したらよいのでしょうか。また、疼痛の訴えがあった場合には、どのように対応したらよいのでしょうか。認定看護師が疑問に答えます。


【関連記事】
膀胱洗浄の目的と手順〜根拠がわかる看護技術
鑷子で尿道カテーテルを挿入したらダメって、本当?


バルーンカテーテルから尿漏れしているとき、どうしたらいい?

不必要なバルーンカテーテルは早急に抜去する

バルーンカテーテルからの尿漏れの原因としてもっとも多いのは、尿路感染です。これは、尿路感染によって膀胱が収縮することや、膿などによってカテーテルが閉塞することで起こります。
その他、結石や出血が原因となってカテーテルが閉塞することでも尿漏れが起こります。カテーテルの挿入によって尿中の物質が結晶化しやすく膀胱結石もできやすくなっています。また、尿路感染を繰り返すことが膀胱結石の作られる原因となることがあります。

尿漏れがあったら、まずは尿路感染の有無を確認します。尿路感染は尿の色や臭い、浮遊物の有無、尿量から推察することができます。尿の混濁や浮遊物、尿量の減少、悪臭があったら尿路感染と考えられます。感染が確認されたら、すぐにカテーテルを抜去しましょう。抜去したカテーテルの先端を確認し、なぜ詰まっているのかを見ます。また、抜去したあとは、尿閉になっていないかも確認しましょう。基本的に、急性期を脱したら必要のないバルーンカテーテルは速やかに抜去することが大切です。長期の留置は感染の原因となるので、留置の目的を理解し、早い時期からカテーテルフリーを目指すことが大事です。

このように、尿漏れの多くは尿路感染や膀胱結石が原因なので、サイズを変更しても尿漏れは改善されません。

長期留置は痛みの原因ともなる

疼痛の訴えがあったら、それがカテーテルに起因するものかどうかを確認します。カテーテルは、男性は上向きに、女性は下向きにして固定します。男性の場合、下向きに固定すると尿道陰囊角を圧迫して血行障害や尿道損傷を起こすことがあります。カテーテルのテンションにゆとりがあるか、固定方法やサイズは適切かといったことを確認します。

ただし、固定方法やサイズが適切であっても、留置が長期になると特に男性の場合は、亀頭部に亀裂を生じ、それが原因となり痛みを訴えることがあります。したがって、疼痛の解消のためにも、尿漏れと同様に、バルーンカテーテルの早期抜去に努めます。

尿失禁の種類と特徴

おむつを着けることで対応するようなケースではなく、外来での相談や自立を目指す尿失禁のある患者さんとかかわる可能性がある場合は、尿失禁の種類によってケアが変わるため、種類と特徴について知っておくとよいでしょう(表1)。

尿失禁のある患者さんのケアでは、まずは患者さんの状況を把握するために、どんなときに漏れるのか、漏れることに本人が問題意識をもっているのか、などを確認しましょう。その特徴から、どのタイプの尿失禁なのかを考え、ケアを行っていきます。

例えば、腹圧性尿失禁であれば、骨盤底筋体操の効果がありますが、切迫性尿失禁では骨盤底筋体操だけでなく、さらに薬の服用も必要となることが多くなります。どのタイプなのかを見極めることが大切です。

尿失禁の種類 特徴 原因
腹圧性尿失禁 咳やくしゃみのような、腹部に力を入れたときに起こる 経産婦、加齢、骨盤底筋の筋力低下 など
溢流性尿失禁 尿道が何らかの原因により狭くなったりすることで、排尿が障害され膀胱に大量に尿が貯留し、起こる。残尿感がある、排尿困難なことが多い 前立腺肥大症、前立腺がん、尿道閉塞、子宮や直腸の術後 など
反射性尿失禁 尿意を感じることなく、不随意に膀胱が収縮・尿道が弛緩し、排尿される 脊髄損傷、脊髄腫瘍 など
切迫性尿失禁 尿意を感じるとトイレまで我慢できないことで起こる。頻尿、非常に強い尿意を感じたり、水の音や冷たいものに触っても尿意が誘発されることがある 脳卒中、脳腫瘍、脊髄損傷、多発性硬化症、パーキンソン病、膀胱炎 など
機能性尿失禁 運動機能の低下や失行、認知症などによって起こる 認知症、運動機能の障害、脳の障害 など

山内豊明:尿失禁.山内先生のフィジカルアセスメント症状編. エス・エム・エス,2014,p.164より引用

(ナース専科マガジン2015年12月号より転載)

【関連記事】
残尿測定器の使い方|排尿ケアに必要な看護技術
陰部洗浄の目的・手順・観察項目~根拠がわかる看護技術
体位変換後、安楽な姿勢保持と除圧が行える適切なポジショニングは?

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

【書籍紹介】排泄リハビリテーション 理論と臨床(改訂第2版)

排泄に関連するすべての領域を網羅  排泄リハビリテーションは、何らかの原因で排泄障害をもつ患者さんが、排泄の自立やQOLの向上を目指すとともに、社会的統合を達成することを目的として行われます。  本書は、排泄リハビリテーションを進めるうえで必要となる、解剖・生理や排泄障害

2022/3/7

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675