1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 消化器科
  5. ストーマ
  6. 「ABCD-Stoma®ケア」ってなに?

【連載】ストーマケア 皮膚トラブル解決法

「ABCD-Stoma®ケア」ってなに?

  • 公開日: 2017/7/17

ストーマ周囲の皮膚のトラブルは、痛み・かゆみといった症状とともに、排泄物の漏れや皮膚トラブルの悪化につながりやすく、早期の対応が望まれます。皮膚トラブルの原因を早く究明し、取り除くことが重要ですが、こういった対処は誰もが簡単に行えるものではなく、臨床経験や直感的な判断かに基づき行われているのが現状ではないでしょうか。

そこでぜひ活用してほしいのが、日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術教育委員が開発した『ABCD-Stoma®に基づくベーシック・スキンケア――ABCD-Stoma®ケア』です。手順に沿ってアセスメントすることで、ストーマケアに従事した経験がある看護師であれば、誰でもトラブルの原因がわかり、適切なケアを提供できます。『ABCD-Stoma®ケア』は、日本創傷・オストミー・失禁管理学会のホームページからダウンロードが可能です。ここでは、ABCD-Stoma®、ABCD-Stoma®ケアそれぞれの使用方法についてみていきましょう。


▼ストーマについてまとめて読むならコチラ
ストーマとは? ストーマケアについて


ABCD-Stoma®とは

 ストーマ周囲皮膚障害の重症度を、部位と程度・色調変化の有無によって評価するスケールです。「ABCDStoma®」は、Adjacent(近接部)、Barrier(皮膚保護材部)、Circumscribing(皮膚保護材外部)、Discoloration(色調の変化)の頭文字をとって名付けられたものです。

ストーマ周囲皮膚の区分図

>> 続きを読む

ABCD-Stoma®の使用方法

1)ストーマ周囲皮膚を3つの部位に区分
・Adjacent(近接部)ストーマ接合部からストーマ装具の皮膚保護材までの範囲
・Barrier(皮膚保護材部) 
・Circumscribing(皮膚保護材外部)

2)A、B、Cの各部位ごとに、皮膚障害の程度を5段階で評価
●障害なしは「0点」、赤斑は「1点」、びらんは「2点」、水疱・嚢疱は「3点」、潰瘍・組織増大は「15点」
●同部位に程度の異なる皮膚障害が混在する場合は、障害の範囲にかかわらず最も得点の高い障害の程度を採択します。
●Cの範囲がない場合は、評価できないため「障害なし」とします。
●赤斑、びらん、水疱・嚢疱は急性の病態を示し、潰瘍・組織増大は慢性の病態を示します。

3)A、B、Cの3部位それぞれに、Discoloration(色調の変化)がないか確認
●色素沈着なしは「0」、色素沈着ありは「DP」、色素脱失ありは「DH」とします。
※「DP」のP はPigmentation、「DH」のH はHypopigmentation の頭文字を示します。

4)合計点数を算出
A、B、Cの3部位の得点を合算します。合計点数は0~ 45点で点数が高いほど重症です。D(色調の変化)は皮膚障害の治癒後にみられることから、過去の皮膚障害有無の評価であり、正常な治癒過程の経過中であることから得点はつけません。

5)「A○ B○ C○:○(点)D○」と表記

ABCD-Stoma®ケアとは

 ABCD-Stoma®を用いて採点した結果をもとに、チェックシートを使用してトラブルの原因の特定と、必要なストーマのスキンケア方法を導きだすためのツールです。

ABCD-Stoma®ケアの使用方法

1)ABCD-Stoma®で採点

2)ストーマケアを確認
 装具の剥がし方や貼り方・皮膚の洗浄方法、交換間隔、使用している装具やアクセサリーの種類とサイズ、外用剤使用の有無(ステロイド剤、抗菌剤など)、セルフケア状況などを日頃どのように行っているか実際に装具交換を行ってもらい確認します。見て確認できない部分はヒアリングします。

3)「全身状態に応じたスキンケア」の表で該当するチェック項目がないか確認
 該当する項目があった場合は医師に報告し、必要であれば専門家にコンサルテーションを行います。

4)「皮膚障害に対するスキンケア」の表で該当するチェック項目を確認
 A、B、Cそれぞれの部位で各得点が1点以上あれば「各部位におけるケア」の表でそれぞれ該当するチェック項目(黄色線)を確認し、ケア内容(青色線)を選択します。

5)「皮膚障害の程度によるケア」を参照して観察
 項目の結果と、ABCD-Stoma®ケアの点数により該当する項目のケア内容を確認します。

6)「D(色調の変化)がある場合」の表で該当するチェック項目を確認し、ケア内容を選択します。

7) 3)~6)のチェックがついた項目のケア内容を確認し、導き出されたケアを実施します。

8)ABCD-Stoma®を採点し評価
●ストーマ周囲皮膚の状況は身体の状態、ケア状況、生活状況、季節などさまざまな要因により変化します。トラブルの予防や改善のためには必ず定期的に評価することが必要です。評価・再評価は、入院中の患者さんでは装具交換ごとに、外来通院患者さんでは外来受診ごとに行います。
●採点は点数が変わらない、または増加した場合は皮膚・排泄ケア認定看護師や専門外来に相談します。
●合計点数が0点でかつD(色調の変化)が0点の場合は適宜評価を行います。
●合計点数が0点でも、D(色調の変化)がDP(色素沈着あり)、DH(色素脱あり)の場合は、「皮膚障害の程度によるケア」「Dがある場合のケア」の見直しを行い該当するスキンケアを行ってください。

 ストーマ周囲皮膚のトラブルは、気づくことができなかった原因から発生あるいは悪化します。「ABCD-Stoma®ケア」のチェック項目は、誰もが見落とすことなく皮膚トラブルの原因を収集できるツール(道具)となります。
また、採点結果をもとに、必要なストーマのスキンケア方法が具体的に提示されているので、効率的に早期に適切なケアが提供できます。
この『ABCD-Stoma®ケア』の活用は、臨床でのストーマケアの質の向上と、オストメイトの幸福な生活につながるといえるでしょう。


【参考文献】
日本創傷・オストミー・失禁管理学会「ABCD-StomaRケア-ABCD-StomaRに基づくベーシック・スキンケア-」

(ナース専科マガジン2015年10月号より転載)

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

ストーマ装具の基本知識|面板・パウチの種類と特徴

ここでは、ストーマ装具の基本知識について解説します。 ストーマ装具の基本  現在、販売されているストーマ装具は多種多様で、メーカーごとに工夫された製品が揃っています。しかし病院では、物品管理上品数を制限しているので、使用するストーマ装具はあらかじめ指定されている施

2022/2/23

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
5位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
6位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
7位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
8位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
9位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636