1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. ドレーン管理
  5. 脳神経外科系ドレーン
  6. スパイナルドレナージ(腰椎ドレナージ)|「部位別」ドレーン管理はここを見る!③

【連載】いまさら聞けない 脳神経外科ドレナージのしくみと管理の基本

スパイナルドレナージ(腰椎ドレナージ)|「部位別」ドレーン管理はここを見る!③

  • 公開日: 2019/5/26
  • 更新日: 2019/9/4

2019年9月4日改訂

圧設定やクランプ手技など、脳神経外科領域の開放式ドレナージには、特徴的な知識が求められます。ここでは、脳室ドレナージ、脳槽ドレナージ、スパイナルドレナージの管理の実際を解説します。


スパイナルドレナージ(腰椎ドレナージ)

どのような治療で使うの?
●くも膜下出血に対し、くも膜下腔の血腫を排出させることによって、脳血管攣縮を軽減し、水頭症をできるかぎり予防する。
●開頭術だけでなく、脳血管内コイル塞栓術でも施行できる。
●下垂体腫瘍に対する経鼻的手術の際に、ドレーンから人工髄液などを注入して、さらなる摘出を図る。
●髄液漏(鼻漏など)に対し、脳脊髄液を腰部から排出させることによって、髄液漏の自然閉鎖を図り、髄膜炎を予防する。

■ドレナージシステムの原理

 通常、脳室・脳槽ドレナージと同じ回路を使用しますが、刺入部が頭蓋ではなく、腰椎になります()。したがって、圧のゼロ点は外耳孔ではなく、刺入部の腰の位置(第3~4、または第4~5腰椎間)としますが、水平臥床であれば外耳孔でもかまいません。ただし、頭部を挙上した場合、腰椎をゼロ点とすると物理的に髄液の排出量が増加することを念頭においておきましょう。腰椎の脳脊髄腔は、脳槽や脳室と交通しているので、そこから髄液を排出させることによって頭蓋内圧をコントロールすることができます。

スパイナルドレナージシステム

 ただし、腰椎穿刺(ルンバール手技)によりドレーンチューブを挿入するので、脳室・脳槽ドレナージよりもさらに細いチューブを使用します。したがって、流出が滞って詰まりやすいという特徴があります。

■排液の観察

 脳室・脳槽ドレナージと同様に、性状と排液量に注意します。

 くも膜下出血治療のドレナージの場合、急性期の性状は、血性髄液が原則です。数時間以上経過すると、橙黄色になり、1週間くらいするとその後は、わずかに白濁した無色透明に戻っていきます。

 髄液漏治療のドレナージの場合、性状は無色透明が原則です。血液が混在することはまずないので、万一、出血が認められた場合には、やはり担当医をコールする必要があります。もし髄膜炎を併発した場合には、白く濁ってきます。

 量は、10mL/hrくらいが目安となり、通常は20mL/hr(髄液の産生量)を超えないように注意します。チューブ内の液面の拍動は不明瞭なため、有無を確認することは困難ですが、滴下が確認できれば問題はありません。

■トラブルの発見と予防

 脳室・脳槽ドレナージよりも、スパイナルドレナージのチューブは細く、かつ、くも膜下出血治療の場合、血腫をドレナージするのでドレーンの閉塞に最も注意が必要です。排液量が適切であるか、時間ごとにしっかり観察しなければなりません。

 また、脳室・脳槽ドレナージと同様に、常に感染のリスクがあります。逆行性感染の予防のために、ドレーン刺入部の定期的な消毒と保護を行います。

 特に大量の尿失禁、便失禁などによる刺入部の汚染には要注意です。

■ドレーン管理上の注意点

 基本的には脳室・脳槽ドレナージと同じです。クランプ忘れによるオーバードレナージやフィルター汚染、チャンバー内に残った排液によるフィルター汚染、三方活栓からの薬物誤投与、そして、ドレーンチューブの自己抜去に注意が必要です。

 スパイナルドレナージの場合、チューブが細く、腰正中部から出るため、チューブを身体で圧迫して排液不良になったり、患者さんの体動によりチューブがちぎれたりするおそれがあります。そのため、腰部から背中を通り、肩からドレーンを出すような形でしっかり固定するという方法もあります9)。チューブの全長にわたり通過障害がないか、余計な張力がかかっていないか、随時観察します。

 また、脳槽ドレナージと同様に、排液に血液が混じっているので、フィルター汚染が細菌の培地となり感染の危険がより高くなります。特にフィルター汚染を起こさないように、慎重な管理を心がけましょう。

■抜去に向けた観察と注意

 くも膜下出血治療のドレナージの場合、脳槽ドレナージと同様に、脳血管攣縮期を過ぎた2週間以降にドレーンを抜去します。感染のリスクに対して、排液の性状や量、および患者さんの症状を併せて観察し、チューブの閉塞にも注意します。

 髄液漏治療のドレナージの場合、長期留置による髄膜炎を発症する前に、チューブを抜去しなければなりません。通常は、1週間程度の安静臥床で髄液漏は自然閉鎖するので、患者さんを座位にして髄液漏がみられなければ、チューブを抜去します。

<まとめ-スパイナルドレナージ>

ドレナージシステム 廃液 抜去の時期 特に注意する点
開放式ドレナージ
●くも膜下出血治療の場合→血清~橙黄色~無色透明(わずかに白濁)に変化
●髄液漏治療の場合の色→無色透明
量の目安→10mL/hr
●くも膜下出血治療の場合→2週間以降
●髄液漏の場合→1週間程度
●チューブが細いため、体動や圧迫で切れたり、排液不良を起こしやすい
●尿便失禁により汚染されやすい
脊髄周囲のくも膜下腔に留置
●くも膜下出血治療の場合→血清~橙黄色~無色透明(わずかに白濁)に変化
●髄液漏治療の場合の色→無色透明
量の目安→10mL/hr
●くも膜下出血治療の場合→2週間以降
●髄液漏の場合→1週間程度
●チューブが細いため、体動や圧迫で切れたり、排液不良を起こしやすい
●尿便失禁により汚染されやすい
第3~4、または第4~5腰椎間から穿刺
●くも膜下出血治療の場合→血清~橙黄色~無色透明(わずかに白濁)に変化
●髄液漏治療の場合の色→無色透明
量の目安→10mL/hr
●くも膜下出血治療の場合→2週間以降
●髄液漏の場合→1週間程度
●チューブが細いため、体動や圧迫で切れたり、排液不良を起こしやすい
●尿便失禁により汚染されやすい
チューブがかなり細い
●くも膜下出血治療の場合→血清~橙黄色~無色透明(わずかに白濁)に変化
●髄液漏治療の場合の色→無色透明
量の目安→10mL/hr
●くも膜下出血治療の場合→2週間以降
●髄液漏の場合→1週間程度
●チューブが細いため、体動や圧迫で切れたり、排液不良を起こしやすい
●尿便失禁により汚染されやすい
拍動が不明瞭でわかりにくい
●くも膜下出血治療の場合→血清~橙黄色~無色透明(わずかに白濁)に変化
●髄液漏治療の場合の色→無色透明
量の目安→10mL/hr
●くも膜下出血治療の場合→2週間以降
●髄液漏の場合→1週間程度
●チューブが細いため、体動や圧迫で切れたり、排液不良を起こしやすい
●尿便失禁により汚染されやすい

イラスト/こさかいずみ

おさらいテストは次ページへ

【関連記事】
脳血管系の解剖生理をおさらい
ドレーンとは|ドレーンの種類と管理

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

Zancolliの分類

1.このスケールは何を判断するもの?  Zancolliの分類とは、元来、四肢麻痺における上肢機能再建を行うための分類法として開発されたスケールです。具体的には、上肢の筋肉の機能に対応する脊髄の髄節を細かく分類したものであり、主に頚髄損傷の部位を把握し、機能残存の程

2020/4/8

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001
7位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
8位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501