1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. ドレーン管理

ドレーン管理

ドレーン管理関連の記事の一覧です。

ドレーンを使用し貯留物を体外に誘導、排出する操作のことをドレナージと呼びます。血液、滲出液、空気などを排出し、感染や合併症の予防、炎症を改善する目的で留置されます。術後に使用されることが多く、閉腹後の体内を観察や治療することはできないため、患者さんの状態の評価にも重要な役割を果たします。しかし、本来ドレーンは身体にとっては異物です。できるかぎり早期に抜去するため、看護師は異常の早期発見や抜去、感染などのトラブルを最小限にするよう努めなくてはなりません。

まとめ記事
*ドレーンとは|ドレーンの種類と管理

ドレーン管理 記事カテゴリ

「ドレーン管理」の記事一覧

15件/38件

Zancolliの分類

スパイナルドレナージ(腰椎ドレナージ)|「部位別」ドレーン管理はここを見る!③

脳槽ドレナージ|「部位別」ドレーン管理はここを見る!②

脳室ドレナージ|「部位別」ドレーン管理はここを見る!①

【排液】【圧設定】【感染】で考えるドレーン管理の基本|脳神経外科でドレナージが必要な理由③

ドレナージの種類と適応|脳神経外科でドレナージが必要な理由②

脳神経外科におけるドレナージの目的|脳神経外科でドレナージが必要な理由①

ドレーンとは|ドレーンの種類と管理

体動が多いドレーン挿入中患者さんへの注意点

腹腔ドレーンのミルキングの方法

腹腔ドレーンを閉塞させないための注意点

ドレーン抜去が起こらないようにするには

腹腔ドレーンの排液の色のアセスメント

腹腔ドレーンの刺入部の発赤への対応

開放式ドレナージと閉鎖式ドレナージの注意点