1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんの疼痛ケア・コントロール
  6. 骨転移のある患者さんの動作工夫|症状別がんの緩和ケア

【連載】事例で考える! がんの緩和ケア

骨転移のある患者さんの動作工夫|症状別がんの緩和ケア

  • 公開日: 2019/11/12

Ⅰ.はじめに

 骨転移はがん患者さんによくみられ、痛み、病的骨折、脊髄圧迫を引き起こします。骨転移がみられる患者さんへの対応は、痛みをできるだけ取り除くこと、骨折を避けることが大切です。今回の事例では、放射線治療や薬物療法だけでなく看護の工夫でどう対応するかも解説します。

Ⅱ.患者さんの概要

A氏:77歳、男性、肺がん、多発骨転移、脊椎転移

 放射線治療は行われており、投与薬剤はオキシコンチン、セレコックス、アセトアミノフェンです。立位の際に大腿骨の痺れがあります。予防的レスキューは効果を認めず、立位と歩行は困難な状態でした。痺れが生じた時点で鎮痛補助薬のリリカの内服を開始しましたが、劇的な効果は認められませんでした。また、画像上脊椎の転移巣が広く、少しの刺激でも骨折するリスクが高いため、歩けなくなる可能性が非常に高いとされていました。しかし、A氏は非常に自律された方で、洗面やトイレなどの日常生活行動を自分で行いたいという意思を強くもっていました。

 患者さんの意思を尊重する一方で脊椎骨折のリスクは回避しなければなりません。そこで、患者さんのADLやQOLをできるだけ低下させないためにはどうすればよいか、最大限できることを多職種で話し合い、ケアの内容を決定していきました。

Ⅲ.アセスメントとケアの計画・実施

Point①リハビリテーションの介入によるコルセット作成と環境調整

 医師との相談により、まずはリハビリテーション科へコンサルテーションを行いました。その結果、迅速にコルセットが作成されました。そして、患者さんの負担ができるだけ少なくなるように環境調整を行いました。まず、歩行時の注意点として、必ずコルセットを装着すること、手すりを両手で持ち「蟹さん歩き」をすること、面倒でも足は必ずそっと着地させることを伝えました。

 また極端な前屈運動を避けるため、ベッドから立ち上がる際は、必ず膝よりもベッドの位置が高くなるように調節しました。こうすることで、捕まる場所の確保を行いながら楽に立位が取れるようになります。そのこのような介入の甲斐あって、A氏は少しずつ歩行が可能になりました。

 トイレに関してはかがみこむ動作が脊椎に負担をかけてしまうため、話し合いの結果、排便の際のふき取りに関しては看護師が介助をすることになりました。当初は羞恥心からか、妻に依存する部分も大いにありました。しかし、徐々に看護師に慣れ、介助を委ねてくれることも増えてきていました。

Point②体幹のねじれ発生による骨折リスクを回避するためのケアを実施

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

がん性疼痛のある患者さんへの看護計画|大腸がんの患者さん

大腸がんによるがん性疼痛がある患者さんへの看護計画  大腸がんとは大腸の粘膜細胞から発生するがんです。腸管壁へ浸潤、リンパ性や血行性に転移することで様々な場所にがんが発生すると切除不能となる可能性があり、化学療法や放射線療法が選択されます。そしてがんやその治療に伴う症状の一

2023/1/28

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
5位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
6位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
7位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
8位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
9位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
10位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812