1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. フットケア
  5. 第19回 肥厚、爪白癬、変形した爪③〜肥厚した爪のケア

【連載】やってみよう! フットケア

第19回 肥厚、爪白癬、変形した爪③〜肥厚した爪のケア

  • 公開日: 2020/5/27

今回で肥厚した爪のケアは最後です。
 よくご質問をいただく、肥厚した爪、特に白癬があり爪と皮膚の境目が不明なケースについて詳しくみていきましょう。

 これまで、爪切りの前処置として爪周囲の確認と角質や爪にはさまったものを取り除くことで安全にケアができると説明してきました。

 細かいところではありますが、爪切りを行う前に実際に確認しておいてください。

1.正常な爪と皮膚

正常な爪と皮膚

写真は特にトラブルのない指先の爪と皮膚です。
爪と皮膚の境目はしっかりわかりますが角質があるのがわかります。
これは、入浴や足浴で自然に取れてあっても特に支障はありません。

2.肥厚した爪と正常な皮膚

肥厚した爪と正常な皮膚

写真は肥厚していますが硬さを保った爪と正常な皮膚です。
爪と皮膚の境目はわかります。
この状態では、爪切りやニッパーの下刃が挿入しにくく皮膚も挟んでしまう可能性があるので、ゾンデ等を使って境界線をより明確にしておくとよいでしょう。

3.白癬で肥厚した爪と皮膚

白癬で肥厚した爪と皮膚

写真は白癬で肥厚してぼろぼろに崩れている爪と角質があり、皮膚の境目がわかりにくい状態になっています。
この状態で、爪と皮膚の境目を確認せずに刃物を入れてしまうと皮膚と共に切ってしまい、出血につながります。

 上記のどのような場合でも確認をせずに刃物を入れて切ってしまうと、皮膚がはさまり一緒に切ってしまい出血することがあります。

 そのため、洗う(もしくは湿らせて角質をとれやすくする)、またはゾンデやブラシを使用して特に今から切ろうとする爪の、

① 裏側には皮膚がついていないこと
② 爪と皮膚の境目を明確にしておくこと

 以上が必要となります。実際にみるとよくわかると思います。

 患者さんを傷つけることなく、安全に、自分も守るためにひと手間をかけましょう。


~身体のメンテナンス~

 現在、新型コロナウイルスのため、緊急事態宣言が出され、不要不急の外出は自粛しています。皆さんご自身や患者さんが運動できずに身体が動きにくくなってフレイルが心配ですね。いろいろな情報をインターネット等で得ることができ、実行できる方はご自分なりに行っていると思いますが慢性疾患、高齢、普段からあまり運動しない方はより、小さい動きから始めないと身体を傷めてしまうことがあります。

 私の患者さんも、ディサービスやリハビリの減少で循環が悪くなり、むくみや筋肉の硬直がみられます。

 そして、小さな動きは継続が必要ですので、簡単でちょっと楽しいことがいいですね。

 ここで、簡単にできて続けられる「身体メンテナンス・足編」をご紹介します。

1.身体のチェック

あおむけに寝た状態で(布団の中で大丈夫です)
・手の指、足の指をにぎったり、伸ばしたり動きが悪い部位をみつける。
・できれば全身を深呼吸しながら伸びたり、縮んだりして動きを見る。

2.準備運動で全身の流れをつくる

できれば枕をせずに写真のように膝を立て足裏、お尻、背中を床につけたまま、ゆっくり、頭から足方向にゆっくりゆする(矢印の方向に)。
回数は3、4回を目安に気持ちよい程度(やりすぎない)。

足の動かし方

3.むくみがあったり、動きにくい部位は皮膚を少しはがすようにつまむ。

力は入れず、動く範囲で行う。

皮膚をつまむ

足の甲の皮膚をつまむ
くるぶしの周囲、指のつけ根等、動きのある部位でよい。
ひざの裏、ふくらはぎ等全身、どこでも同じ手技でよい。

指の裏をつまむ

足の裏をつまむ
指の裏側もできればつまんでおく。

足に手の届かない場合は片足でもう片方の足をこする感じでよい。
患者さんには、一緒にやってみてできそうなやり方を提案しています。

 ビニール袋がくっついたような状態で運動するより、皮膚をつまむことで少し皮下に余裕ができて毛細リンパや血液の流れは改善できると思います。

 小さいことの積み重ねを試してみてください。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

足浴に関する看護計画|がん性疼痛で入浴できない患者さん

がん性疼痛で入浴ができない患者さんの看護計画  「痛みは組織の損傷や障害の際に表現される不快な感覚および情動体験」1)と定義されています。がんによる身体的要素だけでなく精神的、心理的な要素などさまざまな要因で痛みを感じて入浴などのセルフケアが実施できなくなる患者さんに向けて

2022/11/25

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675