1. トップ
  2. 看護記事
  3. 学会・セミナー
  4. 学会・セミナーレポート
  5. 心不全治療の新たなシナリオ

心不全治療の新たなシナリオ

  • 公開日: 2021/1/19

2020年9月17日に、ノバルティス ファーマ株式会社と大塚製薬株式会社の共催による「心不全Webメディアセミナー」が開催されました。今回は「超高齢化社会における心不全医療のあり方」と題し、九州大学大学院医学研究院・循環器内科学教授の筒井裕之先生による講演が行われました。この講演についてレポートします。


日本の心不全患者数は増加し続ける

 2018年に発行された「日本循環器学会/日本心不全学会合同ガイドライン(以下ガイドライン)」では、「心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です」と一般向けにわかりやすく定義されています1)。この「だんだん悪くなる」こと、そして「生命予後が不良である」ことが、心不全を把握する上で非常に重要です。


 佐渡市で行われた研究を基に推計されたデータによると、日本における心不全患者数は2020年時点で約120万人。その数は高齢化の進行に伴って増え続け、2030年には約130万人に達するといわれています2)。また、日本循環器学会が実施した循環器疾患の診療実態調査をみると、心不全は急性心筋梗塞より入院患者数が多く、増加の割合も大きくなっています3)。この第一の原因は高齢化です。日本は超高齢社会であり、心不全が高齢の患者さんに多い疾患であることを反映しています。


 厚生労働省の統計結果によると、日本国民の死因のトップはがんで全死亡者数の28%を占めています。心疾患は第2位となっていて、その割合は脳血管疾患の8%を合わせて23%になり、がん全体と同じくらいの患者さんが心血管疾患で亡くなっています。ただし、心疾患で亡くなった患者さんについては、急性心筋梗塞は急性期の冠動脈インターベンションの普及によって死亡者数が減少しているのに対し、心不全死亡者数は心疾患死因の40%とトップを占めています4)


心不全は増悪を繰り返す

 心不全が非常に重要な疾患であるというのは、増悪を繰り返すこと、そして増悪のたびに心機能が低下し、死に至るというところにあります。心不全は増悪するとほとんどの場合入院治療が必要になるため、再入院率は非常に高いという特徴があります。心不全患者さんに対する薬物治療や非薬物治療は随分進歩しており、予後は改善傾向にあるものの、増悪による再入院はここ10年ほどほとんど改善していないというのが治療の現状です。


 ガイドラインでは、「心不全とそのリスクの進展ステージ5)」というステージ分類を掲げています。心不全の治療は、このステージが進行しないように治療して予防していくことが大切です。そしてそれが、このステージ分類の重要なメッセージでもあります。


 治療は、薬物治療と非薬物治療を組み合わせて行うことも心不全の重要な点です。


 2018年以降、非常に多くの大規模臨床試験によるエビデンスが公表されています。現在の治療アルゴリズムを見直し、2021年3月に向けて急性・慢性心不全診療ガイドラインのアップデート版を現在作成しています。


2021年春に「心不全療養指導士」の認定制度がスタート

 心不全の治療では、疾病管理が非常に大切です。心不全の増悪による再入院の誘因を調べた調査では、「塩分・水分制限の不徹底」や「治療薬服用の不徹底」など、患者さん側の要因によるものが上位にあげられています。


 そこで重要なのは、心不全の疾病管理の特徴である多職種チームによるチームアプローチ、専門的な教育を受けた医療従事者による患者教育、相談、支援、包括的心臓リハビリテーションです。日本循環器学会と日本脳卒中学会は、「ストップCVD(脳心血管病)」をキャッチフレーズとした「脳卒中と循環器病克服5カ年計画」を策定しています。この計画にある5戦略のひとつ「人材育成」の取り組みとして、日本循環器学会では病院・地域・在宅における心不全療養指導のエキスパートである「心不全療養指導士」の認定制度を、2021年3月からスタートさせる予定です。対象となるのは看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士などの医療従事者。チーム医療、多職種連携を円滑に行っていくためには、基本的な共通知識を持ち、共通言語で情報を共有し、それをもって患者さんの指導ができることが必要で、この心不全療養指導士が重要な役割を果たすことになるでしょう。


 近年、心不全における緩和ケア「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」の重要性が注目されています。がんにおいては積極的な治療と緩和ケア、病態改善のための治療と症状緩和のための治療を早い段階から同時に行っていますが、心不全の場合もこのような考え方が大切です。


 今、多くの病院で、がんの緩和ケアとともに、心不全の緩和ケアに取り組む動きが始まっています。学会としてもそのような動きを支援し、心不全治療の質の向上に貢献していこうとしています。


引用・参考文献

1)日本循環器学会 他,編:急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版).2017,p.10.
2)Yuji Okura,et al:Impending Epidemic―Future Projection of Heart Failure in Jpan to the Year 2055―.Circ J 2008;72(3):489-91.
3)循環器疾患診療実態調査報告書(2018 年度実施・公表)(2021年1月11日閲覧)http://www.j-circ.or.jp/jittai_chosa/jittai_chosa2017web.pdf
4)厚生労働省:令和元年(2019)人口動態統計(確定数)(2021年1月11日閲覧)https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei19/index.html
1)日本循環器学会 他,編:急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版).2017,p.12.

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

がん治療に伴う口腔粘膜炎の苦痛を和らげるためにできること|Meiji Seika ファルマ ナース専科共催オンラインセミナー

2021年8月24日にMeiji Seika ファルマ ・ ナース専科共催オンラインセミナー「がん治療に伴う口腔粘膜炎の苦痛を和らげるためにできること」が開催されました。 がん治療に伴う口腔粘膜炎は高頻度に発症し、患者QOLの低下や感染リスクを高めるだけでなく、がん治療

2021/12/16

アクセスランキング

1位

看護職だからこそ!体内リズムの改善で生活の「質」を高めよ

◆睡眠の「質」が生活の「質」及ぼす影響とは? 体内リズムが生活全般に影響  人生の3分の1を占めるといわれる「睡眠」ですが、日本人の5人に1人は睡眠に対し、不眠などの悩...

246995
2位

【事例5】末期・終末期にある患者の看護 ~最期まで自宅で

※「事例アセスメント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。 事例紹介  Eさん、70歳代後半、男性 既往歴  陳旧性心筋梗塞〔冠動脈バイパス術(CABG)+経皮的冠...

247796
3位

―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性

2018年12月3日、獨協医科大学(栃木県下都賀郡)にて、「―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性」セミナーが開催されました。 獨協医科大学麻酔科学講座の山口重樹先生の...

249111
4位

高齢者の低栄養を防ぐために! 入院前から退院後まで視野に

福岡大学病院では、多職種からなる栄養サポートチーム(NST)が、全科を横断して患者さんの栄養管理を行っています。また同院では、入院前から退院後までを視野に入れた継続的な栄養管理を目指し...

249515
5位

-在宅高齢者の低栄養を防ぐ- 継続的な栄養管理を実現する

【インタビュー】情報共有によって利用者さんの栄養状態を支える 島田雅子さん福寿会 福岡クリニック(在宅療養支援診療所) 看護師長代理 高齢者の低栄養状態は、QOLのみならず生命予後にも...

249716
6位

高齢者の低栄養を防ぐ! 病棟から地域まで、患者さんに栄養

高齢者の低栄養状態は、疾患からの回復を妨げ、悪化や再発につながります。そこで最近では、入院患者さんに早い時期から栄養アセスメントを行う医療施設が増えています。 しかし、入院中は良好に保たれた...

249873
7位

モンスターペイシェントへの7つの対応方法

患者さんからの暴力・暴言を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。今回は、モンスターペイシェントについて解説します。 ▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめ...

251114
8位

希釈液の濃度計算を攻略する!

【関連記事】 * 簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法 * リンゲル液、乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液の違いは? * 【問題2】抗生剤と生食50mlを、30分間 成人用ルー...

249699
9位

摘便とは|適応・禁忌・手順・コツ〜根拠がわかる看護技術

【関連記事】 ●グリセリン浣腸の目的と手順【マンガでわかる!看護技術】 ●第8回 腹部膨満を訴える患者さんのアセスメント(排ガスの有無など) 摘便とは  摘便とは、自然...

249674
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675