1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんのリハビリテーション
  6. 術前のオリエンテーションの目的・実施内容

【連載】知っておきたい! がんのリハビリテーション

術前のオリエンテーションの目的・実施内容

  • 公開日: 2014/7/11
  • 更新日: 2020/10/22

目次


▼術前・術後の看護について、まとめて読むならコチラ
術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防など)


1. 術前のオリエンテーションの実施目的

 全身麻酔での手術を予定している患者さんを対象に、おもに療養経過や手術に関する情報を提供するオリエンテーションですが、その目的の一つは術後の合併症予防にあります。

 術後は疼痛によって腹式呼吸が抑制されるため、深呼吸が困難になり、末梢気道が閉塞、肺胞が虚脱して無気肺や肺炎を引き起こす可能性があります。その予防のために、術前に呼吸訓練や痰の出し方などを説明し、理解してもらうようにします。

 特に肺など呼吸器の手術、食道手術の患者さんはそのリスクが高いので、入院する前から予防的リハビリを行うことは重要です。

 また、手術を受ける患者さんは、多かれ少なかれ誰もが不安をもっています。きちんとした情報提供を行うことで、その不安を軽減することも、オリエンテーションの大切な目的です。

 一般的に、入院後に行われる術前オリエンテーションは手術室の看護師が行うことが多いようですが、当院では「手術前準備の会」として、呼吸器病棟の師長または看護師が入院前に外来で行っています。

2. 実施内容

1. 禁煙

 まずは禁煙です。喫煙による肺・気管支機能の低下により、術後に痰の量が増加することがあります。肺機能を維持し、痰の量を少なくするためにも、喫煙習慣のある人には必ず禁煙してもらいます。

 また、体力低下を防ぐために、日常生活を制限されていない限り、散歩や体操などの軽い運動を心がけます。これは手術にむけて体調を整えるだけでなく、術後の回復を早めることにもつながります。

2. 深呼吸

 全身麻酔によって硬くなっている肺や胸郭を動かすために、深い呼吸を行います。術後にいきなりはできないので、あらかじめ練習しておく必要があります。

3. 痰の出し方

 術後は痰が多くなりますが、疼痛があったり、身体に力が入らなかったりするため、排痰が困難になります。練習によって痰を出せるようにします。

4. 呼吸訓練器具の使い方

 呼吸筋を鍛えるために、呼吸訓練器具を使うので、患者さんにその購入方法や使い方をマスターしてもらいます。

5. うがいの方法

 術後の安静期間は、床上で過ごすことになります。口腔ケアや排痰のためのうがいも床上で行うことになるので、その方法を知ってもらいます。

 うがいの方法は次の通りです。

 1. ベッドが濡れないようにタオルなどを敷き、仰臥位で顔を横に向けます。
 2. 吸い飲みで水を少し口に含んで含嗽します。顔を上に向けるとむせてしまうことがあるので、横向きのままですすぐようにします。
 3. 十分にすすいだら、水を吐き出すための容器を頬にあてます。容器を頬に密着させたまま、静かに水を吐き出します。顔を横向きにしたままで口を開けると、自然に流れ出します。

実施に際しての2つのポイント

ポイント1

理解度を確認しながら、わかりやすく説明を
 患者さんが理解しやすいように、わかりやすい説明を心がけると同時に、理解度を確認しながら進めることが大切です。

 また、患者さんのなかには、告知されて間もないことから精神状態が不安定になっている人もいます。説明を理解できているのか、手術に臨める状態にあるのかを観察しながら説明しましょう。

 患者さんが高齢の場合、理解度の確認は特に重要となりますが、患者さんが家族と一緒であれば、患者さんとともに家族にも質問の有無を問い、理解状況を確めます。また、説明の途中でも「大丈夫ですか?」などと声をかけ、表情や動作から不安な様子が感じとれる場合には注意を払います。

ポイント2

患者さんの精神状態、生活環境などの情報はスタッフと共有する
 妙に落ち着きがなかったり、ほかの患者さんへの配慮を欠き、過剰に質問をしたりする場合、さらに呼吸訓練器具に触ろうともしなかったりする場合、それは不安の徴候とも考えられます。

 こうした徴候がみられたら、疾患や手術を受け入れられないでいる可能性もあるので、「眠れていますか?」「手術が決まってから不安を感じているのですか?」などと声をかけてみましょう。

 独居でサポートの得られない患者さんや不安をキャッチした患者さんについての情報は、医師や病棟スタッフに提供しておきます。

(『ナース専科マガジン2010年9月号』より改変利用)

次回は「がんのリハビリテーションの実際(呼吸訓練)」について解説します。