1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんのリハビリテーション
  6. 術前のオリエンテーションの目的・実施内容

【連載】知っておきたい! がんのリハビリテーション

術前のオリエンテーションの目的・実施内容

  • 公開日: 2014/7/11

▼術前・術後の看護について、まとめて読むならコチラ
術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防など)


1. 術前のオリエンテーションの実施目的

 全身麻酔での手術を予定している患者さんを対象に、おもに療養経過や手術に関する情報を提供するオリエンテーションですが、その目的の一つは術後の合併症予防にあります。

 術後は疼痛によって腹式呼吸が抑制されるため、深呼吸が困難になり、末梢気道が閉塞、肺胞が虚脱して無気肺や肺炎を引き起こす可能性があります。その予防のために、術前に呼吸訓練や痰の出し方などを説明し、理解してもらうようにします。

 特に肺など呼吸器の手術、食道手術の患者さんはそのリスクが高いので、入院する前から予防的リハビリを行うことは重要です。

 また、手術を受ける患者さんは、多かれ少なかれ誰もが不安をもっています。きちんとした情報提供を行うことで、その不安を軽減することも、オリエンテーションの大切な目的です。

 一般的に、入院後に行われる術前オリエンテーションは手術室の看護師が行うことが多いようですが、当院では「手術前準備の会」として、呼吸器病棟の師長または看護師が入院前に外来で行っています。

2. 実施内容

1. 禁煙

 まずは禁煙です。喫煙による肺・気管支機能の低下により、術後に痰の量が増加することがあります。肺機能を維持し、痰の量を少なくするためにも、喫煙習慣のある人には必ず禁煙してもらいます。

 また、体力低下を防ぐために、日常生活を制限されていない限り、散歩や体操などの軽い運動を心がけます。これは手術にむけて体調を整えるだけでなく、術後の回復を早めることにもつながります。

2. 深呼吸

 全身麻酔によって硬くなっている肺や胸郭を動かすために、深い呼吸を行います。術後にいきなりはできないので、あらかじめ練習しておく必要があります。

3. 痰の出し方

 術後は痰が多くなりますが、疼痛があったり、身体に力が入らなかったりするため、排痰が困難になります。練習によって痰を出せるようにします。

4. 呼吸訓練器具の使い方

 呼吸筋を鍛えるために、呼吸訓練器具を使うので、患者さんにその購入方法や使い方をマスターしてもらいます。

5. うがいの方法

 術後の安静期間は、床上で過ごすことになります。口腔ケアや排痰のためのうがいも床上で行うことになるので、その方法を知ってもらいます。

 うがいの方法は次の通りです。

 1. ベッドが濡れないようにタオルなどを敷き、仰臥位で顔を横に向けます。
 2. 吸い飲みで水を少し口に含んで含嗽します。顔を上に向けるとむせてしまうことがあるので、横向きのままですすぐようにします。
 3. 十分にすすいだら、水を吐き出すための容器を頬にあてます。容器を頬に密着させたまま、静かに水を吐き出します。顔を横向きにしたままで口を開けると、自然に流れ出します。

実施に際しての2つのポイント

ポイント1

理解度を確認しながら、わかりやすく説明を
 患者さんが理解しやすいように、わかりやすい説明を心がけると同時に、理解度を確認しながら進めることが大切です。

 また、患者さんのなかには、告知されて間もないことから精神状態が不安定になっている人もいます。説明を理解できているのか、手術に臨める状態にあるのかを観察しながら説明しましょう。

 患者さんが高齢の場合、理解度の確認は特に重要となりますが、患者さんが家族と一緒であれば、患者さんとともに家族にも質問の有無を問い、理解状況を確めます。また、説明の途中でも「大丈夫ですか?」などと声をかけ、表情や動作から不安な様子が感じとれる場合には注意を払います。

ポイント2

患者さんの精神状態、生活環境などの情報はスタッフと共有する
 妙に落ち着きがなかったり、ほかの患者さんへの配慮を欠き、過剰に質問をしたりする場合、さらに呼吸訓練器具に触ろうともしなかったりする場合、それは不安の徴候とも考えられます。

 こうした徴候がみられたら、疾患や手術を受け入れられないでいる可能性もあるので、「眠れていますか?」「手術が決まってから不安を感じているのですか?」などと声をかけてみましょう。

 独居でサポートの得られない患者さんや不安をキャッチした患者さんについての情報は、医師や病棟スタッフに提供しておきます。

(『ナース専科マガジン2010年9月号』より改変利用)

次回は「がんのリハビリテーションの実際(呼吸訓練)」について解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

知っておきたいIV-PCAを用いた効果的な鎮痛

Q 開腹胆嚢切除術を全身麻酔で施行された患者さん。IV-PCA(Intravenous Patient Controlled Analgesia:経静脈的患者自己調節鎮痛)を手術後直ぐに開始していますが、麻酔覚醒後より強い痛みを訴えられています。PCAボタンを押してもとても痛

2022/11/24

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
9位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
10位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974