1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんのリハビリテーション
  6. 術前の4つの呼吸訓練の方法

【連載】知っておきたい! がんのリハビリテーション

術前の4つの呼吸訓練の方法

  • 公開日: 2014/7/18

▼術前・術後の看護について、まとめて読むならコチラ
術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防など)


目的

 術後は、以下の理由により肺・呼吸器合併症を起こしやすい状態になります。

 1. 麻酔や鎮静などの作用によって分泌物が貯留しやすい
 2. 肺胞が虚脱し無気肺になりやすい
 3. 術後の疼痛や不安などにより呼吸筋が抑制されやすい

 発生リスクは、術前から術後にかけて呼吸訓練を実施したかどうかで異なり、呼吸訓練を行っているほうが、発生の可能性が低いとされています。そのため、術後の呼吸器合併症を予防するためには、呼吸訓練が有効です。

呼吸訓練の対象となる患者さん

 術後合併症の予防として術前に実施するので、手術を受けるすべての患者さんを対象に行われます。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【術前・術後ケア】チームリーダー実践の場面 ~直腸がん患者への術前・術後ケアより~

ul.section-nav{display:none;} 目次 事例紹介 看護上の問題の抽出 看護上の問題に対する介入方法の検討プロセス・看護展開とその結果 問題点1 患者のストーマケア・セルフケア不足 問題点2 看護師の患者に対する全体像の把握不

2019/11/24