1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんのリハビリテーション
  6. 術前の4つの呼吸訓練の方法

【連載】知っておきたい! がんのリハビリテーション

術前の4つの呼吸訓練の方法

  • 公開日: 2014/7/18
  • 更新日: 2020/4/2

▼術前・術後の看護について、まとめて読むならコチラ
術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防など)


目的

 術後は、以下の理由により肺・呼吸器合併症を起こしやすい状態になります。

 1. 麻酔や鎮静などの作用によって分泌物が貯留しやすい
 2. 肺胞が虚脱し無気肺になりやすい
 3. 術後の疼痛や不安などにより呼吸筋が抑制されやすい

 発生リスクは、術前から術後にかけて呼吸訓練を実施したかどうかで異なり、呼吸訓練を行っているほうが、発生の可能性が低いとされています。そのため、術後の呼吸器合併症を予防するためには、呼吸訓練が有効です。

呼吸訓練の対象となる患者さん

 術後合併症の予防として術前に実施するので、手術を受けるすべての患者さんを対象に行われます。

 特に、呼吸器合併症の危険性がある
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

術後痛管理の実際〜さまざまな鎮痛方法〜

ul.section-nav{display:none;} 目次 鎮痛方法には代表的なものに薬物療法、理学療法、精神・心理学療法などがあります。今回は術後痛の管理で身近に行われている薬物療法について解説していきます。薬剤を用いて行われるさまざまな鎮痛方法と、それら

2019/6/26