1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 精神科
  5. 精神看護
  6. 【精神看護】第4回 せん妄患者の看護とは

【連載】基礎からわかる精神科看護

【精神看護】第4回 せん妄患者の看護とは

  • 公開日: 2009/4/20

関連記事
第3回 妄想患者の看護とは
第5回 抑うつ感情の患者の看護とは
第6回 興奮状態の患者の看護とは
▼せん妄についてまとめて読むならコチラ
せん妄とは? せん妄の症状と看護


せん妄患者の看護とは

せん妄の定義

 せん妄とは意識変容の一種です。軽度または中等度の意識混濁があり、幻覚や錯覚、激しい不安や恐怖感、興奮などの加わった状態です。

 せん妄にはその個別特徴から、
* 夜間せん妄(多少の意識混濁があり夜間の幻覚興奮を伴う状態)
* 振戦せん妄(アルコール離脱症状のような全身振戦、発熱、血圧上昇から、混乱、妄想、幻聴、幻視が出現するもの)
* 作業せん妄(その動作が自分の仕事に関係したもの)

 と名付けられています。

せん妄患者の看護のポイント

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

せん妄|症状別がんの緩和ケア

Ⅰ.はじめに  せん妄は、入院患者に頻発する精神症状・病態であり、身体疾患の疾病状況を悪化させ、このために医療費を上昇させて社会資源への負担を増大させる1)と言われています。そのため、せん妄へのケアは重要な課題となっています。しかし、臨床においては、せん妄と認知症が

2019/11/26