1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. ドレーン管理
  5. 胸腔ドレーン・胸腔穿刺
  6. いくつ知ってる? 胸腔ドレーンの4つの観察項目""

【連載】ドレーンの排液のアセスメント

いくつ知ってる? 胸腔ドレーンの4つの観察項目””

  • 公開日: 2015/2/27
  • 更新日: 2020/3/30

▼ドレーン(ドレナージ)について、まとめて読むならコチラ
ドレーンとは|ドレーンの種類と管理


常識1 異常発見時は、バイタルとドレーンをチェックする

 異常の原因は、大きく「患者さんの病態に変化が起こった」「ドレナージが正常に機能していない」に分けられます。そのため、患者さんに何らかの異常を認めたら、この2点を念頭において確認を行います。

バイタルサイン・呼吸状態のチェック

患者さんの病態による異常を確認
 バイタルサイン(血圧・脈拍・体温)に加えて、SpO2(酸素飽和度)の数値を確認することが大切です。さらに、呼吸数、呼吸音、呼吸の深さ、左右差の有無、胸郭の動き、皮下気腫の有無、意識状態、顔色などもみていきます。

ドレーン回路・機能のチェック

ドレナージの機能不良による異常を確認
 まず、排液の色、量、性状に変化がないかを確認します。エアリークの有無・程度と呼吸性移動の有無・程度を確認し、陰圧が保たれているかをみます。そして、刺入部からドレーナージボトルまでの間で不具合がないかをみていきます。

 刺入部では、出血や浸出液の有無、ドレーンの固定状態を確認します。また、ゆるみ・ずれ・抜去がないかも観察します。

 さらに、ドレーンにねじれ・屈曲・つぶれ・挟み込み・破損などがないか、凝血などによる閉塞がないか、管内に排液が滞っていないか、回路の接続部にゆるみがないかなどをチェックします。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

腹腔穿刺・胸腔穿刺とは?

ul.section-nav{display:none;} 腹腔穿刺・胸腔穿刺とは 腹腔穿刺・胸腔穿刺の流れとケア 穿刺前 ◆必要物品の一例 穿刺中 腹腔穿刺を行う際にとる体位 胸腔穿刺を行う際にとる体位 穿刺中・後の観察のポイント

2017/2/26