1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 検査値
  5. 【貧血】検査値を組み合わせてアセスメント

【連載】検査値の読み方

【貧血】検査値を組み合わせてアセスメント

  • 公開日: 2014/9/17
  • 更新日: 2020/7/28

関連する検査データを組み合わせて読むと、病態を正しくとらえることができます。
今回は、事例を使って「データを組み合わせて読む方法」を解説します。


事例

  1. Bさん 71歳 男性
  2. 主訴:全身倦怠感、動悸
  3. 現病歴:最近、身体がだるくふらつく感じを自覚していたが、この数日、特に症状が強く、動悸も加わってきたので、近医を受診した。血液検査の結果、貧血、血小板減少が判明したため、精査目的で血液内科を受診した。

検査データ

検査データ

検査データ②

検査データの分析 4ステップ

ステップ1

【ヘモグロビン 血小板数】に注目!

ヘモグロビンは、9.8g/dlと低下しており、貧血状態です。赤血球が造られていないのか、溶血、出血によって赤血球が失われているのかを見極める必要があります。

血小板数は、2.6万/μlと非常に少ない数値を示してします。血小板が造られていないのか、破壊、消費が亢進しているのかを見極める必要があります。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

貧血の看護|症状・観察項目・看護計画など

ul.section-nav{display:none;} 目次 貧血のメカニズム 貧血の種類 鉄欠乏性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 悪性貧血 腎性貧血 その他の貧血 高齢者の貧血 妊婦の貧血 術後貧血 貧血の症状

2020/7/1