1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. フィジカルアセスメント
  5. フィジカルアセスメントの考え方
  6. 第15回 SpO2が70%台になってしまった患者さん(その1)

【連載】山内先生の公開カンファランス

第15回 SpO2が70%台になってしまった患者さん(その1)

  • 公開日: 2015/7/17

今回はSpO2が下がった患者さん。酸素を上げるべきか、ほかのことをするべきか、みなさんにアセスメントしてもらいました。


今回の事例
[さくらさん から提供された事例]

慢性心不全の患者さんが肺炎を併発し、入院してきた83歳の患者さん。入院時より経鼻カニューラで3L/分で酸素を投与していました。入院時の医師からの指示は「SpO2 92%未満で酸素を1Lずつ上げる、リザーバーマスクに変更も可で最大8Lまで。97%以上で1Lずつ下げる」となっていました。入院時のSpO2は80%台だったものの、経鼻カニューラ3Lで95%に上昇。
ところが、ある日、患者さんの状態が悪化し、SpO2が70%台となっているのを発見しました。

→あなたなら、どうケアする?


まずは、事例のような状態の患者さんに対して、まずはどうケアをするのかをコミュニティの会員に聞きました。回答数は528人。


山内先生の回答を先に読みたい方はこちら
山内先生の回答


みんなの回答

あなたならまずはどうケアしますか

回答割合グラフ

約半数の人が、吸引をすると答えています。次いで多かったのが、バイタルサインを確認する、でした。


事例つづき
喀痰を吸引するもSpO2は上昇しませんでした。呼吸はやや頻拍、意識レベルはJCS I台からII台へ低下、脈拍が80台から100台へ上昇、血圧は低下なし、体温は37℃前半、末梢冷感がありました。


さらに、患者さんが上記のような状態になったとき、酸素投与方法を変更するかどうかを聞きました。

患者さんが上記のような状態になったとき、酸素投与方法を変更しますか?

回答割合グラフ②

ほとんどの人が、酸素マスクやリザーバーマスクに変更すると答えていました。

引き続き、事例をどう考えたのか、みなさんのコメントを紹介していきます。

「酸素マスクに変更する」を選んだ人の回答理由

●意識低下がみられる場合口呼吸になっていることが多いのでまずはてっとり早く他のリスクを招きにくいマスクに変え、同時進行でアセスメント&Drコールを検討する。

●とりあえずカニューレよりも高濃度の酸素を投与。反応を見てリザーバーに変更する。ナルコーシスのリスク考慮。

●経鼻カニューラは3L以上だと使用しない。

●より流量の多い酸素を投与する必要があるため。

●酸素マスクに換えたほうがより早くSpO2が上昇すると思う。

●低酸素による低酸素脳症になっているのではないかと考え、まずは酸素流量を上げていく。酸素カニューラ適応量を超えたら酸素マスク、さらに酸素流量を上げる必要があるようであれば、リザーバーマスクに変えていく。

●経鼻では酸素が充分に送気されていない可能性を考えました。

●ひとまずマスクに変えて、それでもダメならリザーバーにする。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

第47回 造血幹細胞移植後、貧血の自覚がなく転倒してしまった患者さん

臨床で働いているみなさんにとっては、今回の事例は「自覚のない患者さんっているよね」と思うような内容だったのではないでしょうか。 正解があるものではないこのような事例では、他の人たちがどう考えるのかを知ることも自身のケアに役立つのではないでしょうか。 よくある内容につい

2020/2/11

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001
7位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
8位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501