1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 急変対応
  5. 急変サイン・徴候
  6. 第17回 急変の予兆を知る 「顔」で捉える“何かヘンだ” ③「目」と「表情」

【連載】何かヘンだ”がわかる! 急変前に気づく五感アセスメント

第17回 急変の予兆を知る 「顔」で捉える“何かヘンだ” ③「目」と「表情」

  • 公開日: 2015/12/6
  • 更新日: 2021/1/6

はっきりとした予兆もなく、患者さんが急変したり、重篤な疾患が進行していたりする経験があると思います。そのような急変に先立って、先輩の看護師や医師から「あの患者、何かヘンだよね」という直感的な台詞を聞いたことがあるかもしれません。

この連載では、急変前の「何かヘン」と感じる患者への直感的な違和感について解説し、急変を見抜く力を養います。


「経験」としての「視線(目の力)」と「シンクロ状態」

私たちは相手の「顔」から、何となく「圧迫感」を感じます。おそらく「目の力」です。一方、「顔」と「顔」の「シンクロ状態」は、あまりにも日常的で、意識されることはないでしょう。私たちの「経験」にマッチした「目の力」と「シンクロ状態」の記述を以下に挙げます。みなさんも納得できるのではないでしょうか。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

発熱している患者さんのアセスメントと対応

事例紹介 患者背景 Nさん、50歳代、女性 ・身長154cm、体重72kg、BMI 30.4kg/m2 ・既往歴:なし ・内服歴:なし 現病歴 右大腿骨遠位下部粉砕骨折により手術を実施。術後は右大腿から下腿遠位にかけてシーネ固定を必要としたが、本日、手術後1

2021/7/15