1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 不整脈・心電図の異常
  5. 第10回<読み方・対応編⑧> トルサード・ド・ポアンツ(TdP)

【連載】この心電図をみたら何をすべき?

第10回<読み方・対応編⑧> トルサード・ド・ポアンツ(TdP)

  • 公開日: 2017/2/27
  • 更新日: 2020/3/31

トルサード・ド・ポアンツ。舌がもつれてしまいそうな名称ですよね。
読み方もトルサード・ド・ポアントとかポアンなどいろいろあます。

もともとの意味は、「棘波の捻れ」を意味するフランス語のようです。
私にはポアンと聞こえますが、特徴的な発音なので、だいたいどれでもみな同じことなのだと思ってください。

(1)心電図波形の特徴

多形性心室頻拍と呼ばれていることからもわかるように、心室性頻拍の一種です。波形をみるとQRS波がらせん状(捻じられたよう)にその極性と振幅が周期的に変化しています(図の赤線)。TdP波形が出たあと、すぐにもとの波形に戻ることも多いのですが、まれに心室細動に移行し、突然死の原因となるため注意が必要です。

トルサード・ド・ポアンツの波形図
図 トルサード・ド・ポアンツの波形

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

抗不整脈薬の種類・作用機序と使い分け

ul.section-nav{display:none;} 不整脈には、頻脈性不整脈と徐脈性不整脈があり、薬物治療の対象となるのは主に前者です。抗不整脈薬は心筋のイオンの流れを標的とすることから、心臓の電気現象に治療薬がどのように働きかけているかを解説します。

2019/4/13