1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 消化器科
  5. 消化器疾患
  6. その他消化器疾患
  7. 経腸栄養剤の選択の仕方

【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

経腸栄養剤の選択の仕方

  • 公開日: 2017/4/23

経腸栄養剤の種類と特徴

経腸栄養法(enteral nutrition:EN)に用いる製品には、医薬品と食品があります。経腸栄養剤は、原材料から天然濃厚流動食と人工濃厚流動食に分けられますが、ほとんどが人工濃厚流動食です。

人工濃厚流動食は、その組成から成分栄養剤(elemental diet)、消化態栄養剤(oligomeric formula)、半消化態栄養剤(polymeric formula)の3つに分類されます(表1)。

経腸栄養剤の種類と特徴についての表

表1 経腸栄養剤の種類と特徴

病態別経腸栄養剤の選択の仕方

原疾患の病態に合わせて経腸栄養剤を適切に選択することで、栄養状態と病態の改善が期待できます。

下痢の場合

感染性腸炎や偽膜性腸炎などの感染症、経腸栄養剤の投与速度が適切かどうかの確認が必要ですが、経腸栄養剤が原因となることもあります。

栄養剤に食物繊維が含まれていない、浸透圧が高いといった場合は、食物繊維(グァーガム分解物:サンファイバー®など)を付加するほか、高浸透圧栄養剤の変更が必要です。また、成分栄養剤は低残渣であることから、しばしば下痢の時に用いられます。

乳糖不耐症がある場合は、乳糖フリーの栄養剤(アイソカル®など)を選択します。小腸絨毛の発育や腸内細菌叢の改善には、整腸剤・食物繊維・オリゴ糖などを含む製品(GFO®、Gfine®など)が有効と言われています。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【術前・術後ケア】重症度が高い病態の患者を受け持った場面 ~大腸穿孔患者への術前・術後ケアより~

ul.section-nav{display:none;} 目次 事例紹介 看護上の問題の抽出 看護上の問題に対する介入方法の検討プロセス・看護展開とその結果 問題点1 状態悪化によるADLの低下で、今後寝たきり状態となることが予測される 問題点2

2019/11/17