1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. フィジカルアセスメント
  5. フィジカルアセスメントの考え方
  6. 第37回 胆嚢炎の治療後、下痢が続く患者さん

【連載】山内先生の公開カンファランス

第37回 胆嚢炎の治療後、下痢が続く患者さん

  • 公開日: 2017/5/16

[はぴぃさんから提供された事例]
胆嚢炎で入院している80歳代の患者さん。2週間近く絶食となり、輸液と抗生物質を投与していました。その後、食事を再開しましたが、1日5回以上の泥状~水様の便がありました。便検査では異常はなく、整腸剤が追加されました。
下痢で食事を思うように摂ることができず、皮膚トラブルも発生、抗生物質の投与が終わった後も排便状態は変わりませんでした。

→あなたなら、こんなときどう対応する?


>>山内先生の解説を先に読みたい方はこちら

みんなの回答

上記の事例についてみなさんに考えてもらいました。
アンケートは、ナース専科「コミュニティ」にて、実施、回答社数は98人です。

Q1.下痢の原因をアセスメントするために、集めたほうがよいと思う情報をすべて書いてください。

●食事内容と摂取量の観察。水分量の観察。入院前の排便状況。また腹痛の有無(CITYさん)

●発熱の有無、食事摂取量、腸の蠕動運動の状態(聴診器で聴取)、血液検査データを見る(WBC、CRPなどをみて炎症、感染は起きていないかを確認)、抗生剤のアレルギー反応はないか、ほかのアレルギー疾患の既往、排便はトイレか、おむつ使用か→おむつ使用なら下痢が続いている
ので、臀部の皮膚トラブルを起こしていないか観察する(匿名さん)

●内服薬、食事内容と摂取量(こばこさん)

●輸液のみで食事を取ってないことと、抗生剤により腸が弱っていると考えられるため、腸蠕動音を聴取する。また、胆嚢炎により胆汁分泌が異常で、脂質吸収が困難になっていると考えられるため、脂質の摂取状況を確認する。皮膚トラブルは黄疸も考えられるため、直接ビリルビン値を検査する必要があると考えます(ねじまき鳥さん)

●発熱、腹部症状、食事の種類、油物が多くないか、抗生物質が長期で投与されていたので、それにより下痢を起こしやすい腸内環境かもしれない(いしこさん)

●食事の形態や摂取量の把握、便の1回量、ノロウイルスの検査(りんさん)

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

便秘の看護|種類・観察項目・看護計画など

ul.section-nav{display:none;} 目次 便秘とは 便秘の分類、種類 器質性便秘 機能性便秘 高齢者の便秘 便秘の観察項目・アセスメント 便秘のケア 下剤の使用 摘便 浣腸 温罨法 腹部マッサージ 食

2020/7/17