1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 不整脈・心電図の異常
  5. <練習問題編⑤>心電図で重症度を判断しよう

【連載】この心電図をみたら何をすべき?

<練習問題編⑤>心電図で重症度を判断しよう

  • 公開日: 2017/8/8
  • 更新日: 2020/4/1

目次

問題

次の2つの心電図は、どちらがより危険と考えられますか? その理由も答えてください。

心電図①

心電図②



>>回答・解説は次のページ!

答え

QRS幅を見れば、上の心電図は3メモリ以上なので心室性の不整脈、下の心電図は2メモリなので心房性の不整脈と判断できます。心室性のほうが心房性より危険であり(心室は心拍出量に直接かかわるため)、上の心電図がより危険な心電図となります。

【関連記事】
* 第8回<読み方・対応編⑥>心室期外収縮 (PVC)
* 第4回<読み方・対応編②>上室性期外収縮(SVPC)または心房性期外収縮(PAC)
* 疾患で特徴的な波形(QSパターンや異常Q波、冠性T波、STの変化)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

抗不整脈薬の種類・作用機序と使い分け

ul.section-nav{display:none;} 不整脈には、頻脈性不整脈と徐脈性不整脈があり、薬物治療の対象となるのは主に前者です。抗不整脈薬は心筋のイオンの流れを標的とすることから、心臓の電気現象に治療薬がどのように働きかけているかを解説します。

2019/4/13