1. トップ
  2. 看護記事
  3. 基礎看護技術
  4. 包帯法|目的、巻き方の手順、注意点

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

包帯法|目的、巻き方の手順、注意点

  • 公開日: 2021/8/21

包帯法とは

 一般的に、巻軸包帯、三角巾、腹帯を用いて、創部の保護や骨折部位の固定を行うことを包帯法といいます。


 創傷処置を行う際、創部を保護するためにさまざまなドレッシング材が使用されます。包帯も創部を保護するために使用されますが、ドレッシング材の進化により、包帯を用いることは減ってきています。それでも、身体の凹凸に対応でき、通気性がよいという点において、包帯を用いて創部を保護することが有用な場合もあります。


 また包帯は、骨折の治療におけるギプス固定にも用いられます。


包帯法の目的

 包帯法の主な目的は次のとおりです。


①保護:巻軸包帯だけでなく、布類を用いて創部を保護します。

②圧迫:止血目的、浮腫を軽減させる目的で圧迫します。

③固定:骨折した部位を固定するギプスシャーレや副え木を固定します。

④支持:貼付した塗り薬やドレッシング材がずれないように支持します。


包帯の種類と特徴

1)巻軸包帯

 巻軸包帯は、素材によって伸縮性があるものとないものとがあります。伸縮性がある巻軸包帯は弾性包帯と呼ばれ、身体にぴったりと装着できることから、関節部など動きがある部分の保護や固定に使われます。


 一方、伸縮性がない巻軸包帯は過度に圧迫されにくく、循環障害が起きにくいため、副え木の固定で用いられます。巻軸包帯の各部の名称は次のとおりです。


巻軸包帯

2)三角巾

 三角巾は正方形の布を対角線に2つ折りしたものです。布が大きく患部を広く覆うことができるため、応急処置として患部を保護・固定する際に用いられます。


三角巾

3)腹帯

 腹部手術後の創部の保護、固定をする際に用いられます。


腹帯

用途に応じた巻き方の手順

1)環行帯

 同じ部位に、包帯を環状に重ねて巻いていく方法です。包帯の巻き始め、巻き終わりに用います。


【環行帯の巻き方の手順】

環行帯

2)らせん帯

 包帯を1/2~1/3程度重ねながら、らせん状に巻く方法です。広範囲の保護・固定をする場合や、ガーゼの保護や副え木を固定する場合などに用いられます。


【らせん帯の巻き方の手順】

らせん帯

3)麦穂帯(ばくすいたい)

 手関節、足関節、股関節、肩といった屈曲する部位、下腿などの太さが一定でない部位に対して行われる方法です。八の字を描くように巻きます。


 麦穂帯は、関節部分をきれいに覆うことができるだけでなく、各関節の良肢位を保ったまま固定できます。


*関節が動かない場合でも、日常生活動作において影響が少ない関節の角度のこと。ここでいう影響とは、関節の拘縮や筋肉の萎縮を最小限にするという意味がある。


【麦穂帯の巻き方の手順】

麦穂帯

4)折転帯(せってんたい)

 前腕、下腿など太さが変化する部位に、包帯を折り返しながら巻く方法です。折り返すことで包帯が解けにくくなり、広範囲に巻くことができます。


【折転帯の巻き方の手順】

折転帯

5)蛇行帯

 骨折部位のギプスシャーレや副え木を固定するために用いられ、包帯を重ねず、等間隔を空けて巻く方法です。


 弾性包帯のような伸縮性のある包帯では、ギプスシャーレや副え木をしっかり固定することが難しいため、伸縮性が低い包帯が用いられます。


【蛇行帯の巻き方の手順】

蛇行帯

6)反復帯

 指先、四肢の末端を覆うように巻く方法です。


【反復帯の巻き方の手順】

反復帯

7)三角巾

 応急処置として患部を保護・固定する際に用いられます。三角巾は布が大きく、広範囲に巻くことができます。


【三角巾の巻き方の手順】

三角巾

包帯法実施時の観察項目、注意点

 包帯法を実施する際は、次の3点を確認します。


◆確認すること

・清潔で汚れていないか

・布地のほころびがないか

・圧が均等にかかるか


 また、包帯を巻き直す前、包帯を巻き終わった後では、それぞれ下記について観察し、注意をします。


◆包帯を巻き直す前

 包帯の崩れ方、汚れ方を観察します。崩れが著しい場合、巻き方が緩いだけでなく、選んだ包帯の太さが適切でない可能性があります。太さの違う包帯に変えるなど対応を考えます。汚れが激しいときには、交換するタイミングを検討します。


◆包帯を巻き終わった後

・循環障害を起こさない

 包帯を巻き終わった直後に、巻き方がきつくないかを患者さんに確認します。長時間、強い圧迫がかかると、循環障害を起こす可能性があるためです。ほかに、痺れや痛みがないか、末端の皮膚の色が変わっていないかも確認します。


・可動性に考慮する

 包帯を巻いたことで、身体が動かしにくくなっていないか確認します。特に、関節部分は緩まないように巻くことは必要ですが、そのために動かしにくくならないように注意します。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

医療用麻薬の管理|取り扱いの注意点、記録の書き方、トラブル発生時の対処

医療用麻薬とは  医療用麻薬は、オピオイド鎮痛薬(以下、オピオイド)とも呼ばれ、脳や脊髄に高密度に分布しているオピオイド受容体に結合することで、がんによる痛みや呼吸困難感を緩和する薬剤です。  オピオイドには、悪心・嘔吐、便秘、眠気などの副作用もあるため、使用する際はオピ

2021/9/7

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001