1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 排泄援助
  5. おむつ交換
  6. おむつ交換|手順、交換頻度、観察項目

【連載】テーマごとにまとまった記事が読める! まとめ記事

おむつ交換|手順、交換頻度、観察項目

  • 公開日: 2021/12/29

目的

 おむつは、トイレやポータブルトイレでの排泄ができない人や失禁のある人に対して、必要に応じて使用します。おむつは大きくアウターとインナーに分類され(表1)、アウターと呼ばれるものは、テープタイプの紙おむつ、パンツタイプの紙おむつ、2WAYパンツタイプ紙おむつ、ホルダーパンツがあります。インナーは、尿取りパッドと軟便パッドがあります。

表1 おむつの分類
アウター テープタイプ紙おむつ サイドをテープで留めて固定するタイプの紙おむつ
パンツタイプ紙おむつ
下着のパンツの形になっている履くタイプの紙おむつ
2WAYパンツタイプ紙おむつ
パンツのように履くこともでき、テープによって取り外すこともできる紙おむつ
ホルダーパンツ 布製で吸収体はなく、尿取りパッドと併用して使用する
インナー 尿取りパッド
軽失禁用から多量を吸収できるものまで、さまざまなタイプのものがある。男性用・女性用と分かれているものもある
軟便パッド
泥状便や水様便を吸収できるパッド

 紙おむつは単体で使用する場合とアウターとインナーを組み合わせて使用する場合があります。選択する際には、患者さんが寝たきりなのか、夜間だけ必要となるのか、軽失禁があるのかといったことを考慮してアウターを選択し、必要に応じて尿取りパッドを併用するかどうかを検討します。

 また、在宅で使用する場合は訪問介護などを含めた介護力や患者さんの生活に合わせて選択します。

【関連記事】
おむつの種類と選択・交換頻度の見極め
座位や歩行が可能なケース、おむつはどう選ぶ?【PR】
歩行や座位が可能な高齢患者さんへのおむつケア【PR】

おむつ交換の手順

 ここでは、院内で行うテープ止め紙おむつの交換について紹介します。

準備する物品

  • ディスポーザブル手袋
  • ビニールエプロン
  • テープタイプ紙おむつ
  • おしりを拭くもの(ウエットティッシュやトイレットペーパーなど)
  • 廃棄物入れ
  • 交換の手順

    1 おむつを左右に引っ張りギャザーを立たせる
    ギャザーは横漏れを防止するためのものです。ギャザーをしっかり立たせるようにしましょう。

    2 患者さんにおむつを交換することを伝え、カーテンを閉める

    3 手袋を装着する

    4 患者さんを仰臥位にし、おむつのテープを外し、おむつを広げる

    5 排泄量や性状を確認する

    6 ウエットティッシュやトイレットペーパーで陰部の汚れを拭き取る
    陰部洗浄はおむつ交換ごとに行うのではなく、1日1回程度とします。

    7 おむつを丸めて大腿の間にまとめたあと、患者さんを側臥位にしておむつを腰部まで丸め、臀部をずらして抜き取る

    8 廃棄物入れにおむつを捨てる

    9 臀部の皮膚の状態を確認し、ウエットティッシュやトイレットペーパーで汚れを拭き取る

    10 手袋を新しいものに交換する

    11 側臥位のまま、おむつが患者さんの身体の中心にくるように当てて、おむつの下側を患者さんの身体の下へしっかりと入れ込む

    12 テープが適切な位置にあるかを確認し、調整する

    13 患者さんを仰臥位にする

    14 鼠径部にギャザー部分を入れ込む

    15 おむつの中心が臍の位置になるように調整する

    16 おむつと身体の間に余裕をもたせてテープを留める
    おむつと身体の間に手のひらが入るくらいの余裕をもたせるようにします。鼠径部を締めすぎないように注意します。

    【おむつ+尿取りパッドの交換についてはこちら】
    おむつの交換(おむつ+尿取りパッド)の手順とポイント

    【パンツタイプの交換についてはこちら】
    おむつの交換(パンツタイプ)の手順とポイント

    【関連記事】
    おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要?

    交換の時間間隔・頻度

     交換の間隔や頻度は使用しているおむつの吸収量がどれくらいなのかによって変わります。おむつの使用を始める前に、排尿日誌をつけて患者さんの排尿パターンを把握します。排尿パターンを把握したら、どれくらいのタイミングで交換ができるのかマンパワーを考慮して、おむつや尿取りパッドなどを選択します。また、例えば入院中は2時間に1回交換が可能だったとしても、在宅療養となった際に同じように交換することは難しい場合がほとんどです。そのため退院時には、吸収量の多いものに変更するなどを検討します。

     紙おむつと尿取りパッドを併用している場合は、紙おむつの吸収量+尿取りパッドの吸収量ではなく、尿取りパッドのみの吸収量で考えます。

    【関連記事】
    在宅でのおむつ交換のタイミングどうする?
    排尿日誌の読み方|排尿ケアに必要な看護技術

    観察項目

     おむつ交換時には、排泄量や性状、漏れなどがないかと皮膚の状態を確認します。また、鼠径部が締め付けられすぎていなかったかといったことも見ます。

     おむつ交換後は、尿取りパッドを使用している場合は位置がずれていないかを確認しましょう。テープタイプの紙おむつではテープを締め付けすぎていないか、アウターが鼠径部に食い込んでしまっていないかも確認します。

    【関連記事】
    おむつからの漏れ、どうアセスメントする?

    皮膚トラブル

     おむつをしていることで起こるムレや排泄物の付着は、皮膚トラブルのリスクとなります。皮膚の浸軟はないか、特に仙骨部は褥瘡の好発部位でもあるため、発赤がないかどうかを確認しましょう。患者さんが痒みを訴えている場合は、その部位も見るようにします。また、尿や便が皮膚に接触することで起こる失禁関連皮膚炎(IAD:Incontinence-Associated Dermatitis)にも注意が必要です。排泄物が付着する範囲の皮膚の状態をよく観察するようにします。

     発赤や痒みがあり、褥瘡やIADではない場合には真菌感染も疑います。疑いがある場合は、皮膚科の医師に診断してもらい、抗真菌薬を処方してもらいます。

    【関連記事】
    おむつを使用している患者さんへのスキンケア【PR】
    おむつをしている患者さんの褥瘡ケアとは?
    おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要?

    感染対策

     交換する人の感染対策として、交換前に手指衛生と手袋、エプロンを装着します。交換したおむつは密閉した状態で廃棄しましょう。交換後も手指衛生を忘れないようにします。

    留意点

     おむつは、排尿パターンと在宅であれば介護力を考慮して決めます。日中よりも夜間の尿量が多くなることもあるため、日中と夜間で尿取りパッドの吸収量を変えるなども検討します。また、尿取りパッドを2枚つけるなどの重ね付けは基本的にはしないようにします。

     皮膚トラブルが起こらないようにするためには、スキンケアも欠かせません。皮膚の浸軟が見られる場合は、皮膚保護剤を塗布して保護しましょう。おむつの素材に対してアレルギーを起こすこともあるため、皮膚トラブルを発見したら原因を探り、対処しましょう。おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要ありません。1日1回程度にとどめ、それ以外はウエットティッシュなどで拭き取るようにします。洗浄しすぎることでドライスキンとなり、スキントラブルを招く可能性もあります。

    【関連記事】
    適切なおむつの選択が、便失禁患者さんをスキントラブルから守りQOLを高める【PR】
    おむつの種類と選択・交換頻度の見極め
    「おむつの重ね付けが基本的にNG」な5つのワケ
    在宅でのおむつ交換のタイミングどうする?
    おむつを使用している患者さんへのスキンケア【PR】

    看護計画(看護問題)

    「おむつをしていて失禁関連皮膚炎を発症している患者さん」を例に看護計画を紹介します。

    失禁関連皮膚炎に関連した看護問題

    #1 感染リスク状態
    #2 安楽障害

    看護目標

    ・感染を起こさない
    ・失禁関連皮膚炎に対するケアを通して苦痛が緩和できる

    O-P
    ・皮膚状態(発赤・びらん・潰瘍・水泡・浮腫など)
    ・皮膚損傷部位
    ・滲出液の有無、性状、量
    ・排泄回数、パターン
    ・失禁の有無、頻度
    ・便の性状
    ・食事摂取量
    ・飲水量
    ・バイタルサイン
    ・血液データ
    ・疼痛や掻痒感の有無と程度
    ・ADL
    ・セルフケア能力の程度

    T-P
    ・陰部洗浄(毎日及び汚染ごと)
    ・患者さんの皮膚状態に応じたスキンケア用品の選択
    ・皮膚保護材の使用、貼り換え
    ・排便コントロール
    ・バルンカテーテル留置
    ・整腸剤の調整
    ・ADLや排泄パターンに合わせたトイレ誘導
    ・食事摂取量が維持できる食事形態や補助食品の検討

    E-P
    ・皮膚炎の原因を患者さんやご家族に説明し、ケアへの協力を得る
    ・失禁時は速やかに知らせていただくよう説明する
    ・服薬指導
    ・陰部洗浄後のスキンケアについて指導する


    この記事を読んでいる人におすすめ

    カテゴリの新着記事

    アセスメントと看護

    アセスメントとは  英語のassessmentは、評価という意味になりますが、臨床で看護師が行うアセスメントとは情報を収集し、整理・吟味し、判断する過程のことをいいます。情報の収集では問診で、既往歴、家族歴、服用している薬剤などといった情報とともに、息苦しい、胸が痛い、だる

    2022/3/31

    アクセスランキング

    1位

    簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

    皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

    251296
    2位

    サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

    *2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

    249818
    3位

    術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

    患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

    249741
    4位

    看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

    ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

    249544
    5位

    心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

    心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

    250751
    6位

    【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

    血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

    249974
    7位

    採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

    多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

    250750
    8位

    吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

    *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

    250001
    9位

    【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

    ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

    249989
    10位

    心不全の看護|原因、種類、診断、治療

    *2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

    249812