1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 困った! 固まって落とせない亜鉛華軟膏【PR】

【連載】訪問看護でのスキンケアQ&A

困った! 固まって落とせない亜鉛華軟膏【PR】

  • 公開日: 2023/2/14
  • # 注目ピックアップ
  • # 訪問看護
  • # スキンケア

在宅でもよく使われる亜鉛華軟膏。固まって取りづらくなってしまった際の対処を解説します。また、糖尿病の患者さんへの在宅でのケアの注意点も紹介します。

よく落とさずに塗り重ねていたようで亜鉛華軟膏が皮膚の上で石のように固くなってしまっていました。このような場合は、どう洗浄して除去するのがよいでしょうか。

オリーブオイルなど油性のもので軟化させ取り除きましょう。

亜鉛華軟膏とは

 亜鉛華軟膏は酸化亜鉛を油性基剤と混ぜたものです。皮膚のかぶれやただれ、あせもなどの軽い症状に使われ、患部を保護して炎症を和らげ、滲出液を吸収して乾燥させることで治癒を促す作用があります。長く使っても害が少ないので、在宅ではおむつかぶれなどに使っているケースも多いと思います。

 もともと酸化亜鉛は白い粉なので、塗った部分は白くなりますし、皮膚に残った亜鉛華軟膏が固まって落としにくくなることがあります。それを落とそうとしてこすると、その機械的刺激で皮膚に二次損傷を起こしてしまうので注意が必要です。亜鉛華軟膏の基剤は油性ですから水で洗ってもうまく落ちません。ベビーオイルやオリーブオイルなどのオイルを含ませておき、軟らかくしてから拭き取り、その後洗浄するとよいでしょう。

 傷の大きさや程度にもよりますが、例えばおむつかぶれなどに亜鉛華軟膏を塗った場合、おむつ交換のたびに全部を落とす必要はないと思います。患部を鎮静化するために亜鉛華軟膏を塗っているのに、1日に何度も落として塗るというのを繰り返して機械的刺激を加えては本末転倒です。1日に1回、陰部洗浄をするときに優しくきれいに取り除いた後、たっぷり亜鉛華軟膏を塗り、その後お通じが出たときは、おむつ交換の際に軟膏の表層部分だけを拭き取り、取り除いた分を上塗りしておくとよいと思います。



皮膚トラブルを発見したときは薬剤や処置物品が揃っていないこともあり、持っているもので応急処置を行いますが、次回訪問時まで大丈夫かどうか気になります。

次回訪問までの判断は、感染徴候があるかないかで判断しましょう。心配な場合は訪問の間隔を短くすることも考えます。

皮膚トラブルへの対応と持っておくとよいもの

 表皮剥離やスキン-テアが起きた場合は、感染させないことと二次損傷を起こさないためのケアが必要で、基本は止血、洗浄と、湿潤環境を保つことです。傷はお湯で流すか洗浄剤できれいに洗い、剥がれた皮膚が残っていたら、よれていてもシワになっていてもよいので、元に戻してから保護します。代謝や自然治癒力が低下している高齢者の場合、表皮が剥がれて真皮がむき出しになった部分に新しい皮膚を構築するには時間がかかります。そこで剥がれた皮膚を戻して蓋をすると、それが角化細胞の遊走を助け、傷の治りを促します。患部への刺激を最小限にするため、必ず非固着性のガーゼなどで保護します。普通のガーゼは乾くと貼りつき、それを剥がすときに二次的な損傷を起こしてしまいます。表皮を形成するには、湿潤環境が必要です。湿潤環境を保つように保湿剤や軟膏を使用しますが、軟膏処置は医師の指示がないとできません。基本はワセリンがよいと思います。高齢者は免疫力が低く化膿しやすいため、受診後は外用抗菌薬が処方されたり、痛みや痒みを抑え、傷の治りをよくする非ステロイド系抗炎症薬が処方されることもあります。処置には保湿剤や、包帯などご家庭にあるものも活用しますが、日頃から訪問バッグにいろいろなタイプの保湿剤、非固着性のガーゼやフィルムドレッシング材、肌に優しい包帯やテープ、剥離剤などを入れておくと役に立ちます。保湿剤などの試供品は個包装になっているので便利です。

受診の判断と次回の訪問

 現場で受診が必要か否かの判断は訪問看護師がすることになります。スキン-テアなどがあり、出血が続く、滲出液が増える、痛みが強くなる、傷が拡大するといった状況のとき、または縫合を要するような傷などは受診が必要です。訪問診療が入っている方なら、医師に傷の写真を送信して情報共有し、対応を相談します。外来を受診していただく場合は、付きそう人の有無や介護タクシーの必要性などを考慮し、ケアマネジャーとも連絡をとって調整します。そのまま経過をみる場合は、在宅療養者やご家族などに病状を説明し、痛みの増強、発熱などの感染徴候など、変わったことがあったら連絡していただくよう伝えておきます。次回の訪問予定が何日か先で、それより前に観察する必要があると考えられる場合は、ご家族やケアマネジャーと相談し、予定を繰り上げて早く訪問できるように調整します。



糖尿病の方が多く、皮膚が弱いうえ乾燥しやすく傷になりやすいのでとても気を使います。在宅でのケアの際の注意点を教えてください。

皮膚を観察することを意識づけましょう

糖尿病患者さんへのケアの注意点

 糖尿病があると全身に皮膚トラブルを起こしやすく、末梢の循環・神経障害によりしびれや感覚鈍麻が生じていると、小さい傷などに気づかず、感染を起こして潰瘍が広がり、壊疽に至るなど重症化してから見つかることも少なくありません。特に足病変は糖尿病患者さんに起きやすいトラブルで、十分な注意が必要です。在宅療養者には、まず日頃から皮膚をよく観察することの重要性をしっかり意識づけしていくことが大切です。そういう意識が薄いと初期段階の皮膚トラブルを見落としがちです。

 予防的ケアとしては皮膚の清潔と観察が重要です。入浴はぬるめのお湯で、刺激の少ない石けんを使い、ゴシゴシ洗わないようにします。また日頃からケガや火傷、日焼けなどをしないよう注意します。冬季に寒い環境にいると末梢循環障害を助長するので、身体が冷えないようにすることも大切です。きつい靴を履き続け、圧迫された足趾に傷ができ潰瘍になってしまった人や、入浴時にかかとのやすり掛けを続けて角質が剥がれてしまい、傷になってしまった人もいます。末梢の感覚が鈍磨していることを在宅療養者やご家族にも認識していただき、靴下を履いてから足に合った靴を履くなどの具体的な指導も大切です。また喫煙も循環障害を悪化させ皮膚にダメージを与えることがあるのでできるだけ控えていただくようお願いします。そして訪問時は全身の皮膚の状態をよく観察します。また歩き方の異変で足病変に気づくこともあります。

 そもそも血糖コントロールがうまくいっているかどうかも重要なので、食生活や血糖値の状況を把握し、支援することは基本中の基本だと思います。



敏感肌にも使えるミノンシリーズ

ミノン全身保湿ミルク
ミノン全身保湿クリーム

第一三共ヘルスケア_ミノン全身保湿ミルク


敏感肌、バリア機能が乱れやすい肌を支える全身に使える「塗るミノン」。広い範囲のケアにはべたつかないミルクタイプ、乾燥のつらい部位にぴたっと密着感のあるクリームタイプ。


[医薬部外品]販売名:DSミルクz・DSクリームz
200mL、400mL(ミルク)、90g(クリーム)



詳しい製品内容についてはこちら → https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon/


がん治療の皮膚ケア情報サイト はだカレッジ


第一三共ヘルスケアのはだカレッジ画像

薬物療法の皮膚障害の情報を提供するサイト。
患者・家族向けの情報と医療従事者向けの情報を掲載。
医療従事者向けでは、「皮膚に学ぶ・薬に学ぶ・症例から学ぶ」「外来で役立つ・病棟で役立つ・生活で役立つ」の6つテーマに分けた情報が得られます。

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_hada-college/hcp/

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

おむつ使用で皮膚障害(IAD)ができてしまった患者さんに関する看護計画

脳梗塞によるADL要介助からおむつ使用で皮膚障害(IAD)が生じた患者さんに関する看護計画  脳梗塞は何らかの原因で、脳の血管が閉塞し、虚血が起こることでその血管が支配する領域の脳組織が壊死した状態です。ADL要介助な状態になる可能性があり、おむつを使用していくことが考えら

2024/4/28

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
3位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
4位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
5位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
8位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
9位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
10位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017