1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 清潔ケアへの拒否が強い患者さんへのケア、どうする?【PR】

【連載】訪問看護でのスキンケアQ&A

清潔ケアへの拒否が強い患者さんへのケア、どうする?【PR】

  • 公開日: 2024/1/10
  • # 注目ピックアップ
  • # 訪問看護
  • # スキンケア

清潔保持ケアへの拒否が強い人に対する、短時間でできる効果的なケア方法はありますか。また、白い粉がふく皮膚に対する清潔・保湿ケア方法を教えてください。

清潔ケアの目的を患者さんに説明し、その必要性を理解したうえでケアを受けられるようにします。日々の清潔ケアにプラスアルファで保湿ができるように工夫します。白い粉がふいている場合は、刺激の少ない温タオルやお湯でのケアから始めます。

拒否の理由を探り、いつもの清潔ケアの中に保湿ケアをプラスする工夫を

 患者さんが清潔ケアを拒否する場合、まずその理由を探る必要があります。理由がわからないままに、ケアをする側の一途な思いだけで進めようとしても、うまくいきません。保湿剤を塗られるのが嫌なのか、ケアに時間がかかるから嫌なのか、それとも金銭的負担が心配なのか。拒否する理由をリサーチし、それをふまえてケアの方法を選択し、少しずつでもケアを受け入れてもらえるようなアプローチをします。清潔ケアの目的や効果、方法などを、患者さんの理解度に合わせてわかりやすく伝え、必要性を理解したうえでケアを受けられるよう援助していきます。

 患者さんがケアを拒否するという問題を、自分だけですべて解決しようとしないという姿勢も大切です。拒否が強い場合は無理強いせず、ご家族や介護者など患者さんを取り巻く方々と相談、協力、連携しながら、誰がどんなアプローチをするのが一番受け入れやすいのか、どんなケアがよいかを模索することも必要です。

 短時間で行えるケアの方法としては、保湿剤入りの入浴剤をお湯に溶かして清拭したり、保湿剤入りの洗浄剤を用いるのもおすすめです。これまでのケアのやり方を変えることなく、保清と保湿が一緒にできます。入浴剤などはまずは試供品を使って、効果を実感してもらうのもよいでしょう。

皮膚バリア機能が破綻している状態と捉え、ケアを行う

 皮膚に白い粉がふいているのは、皮膚が乾燥して角質層の表面が剥がれているためで、皮膚バリア機能が破綻している状態といえます。まずドライスキンの原因が、年齢的なものなのか、体調不良や睡眠不足などの背景があるのかをアセスメントします。皮膚バリア機能が破綻していると、外部からの刺激を受けやすく、感染しやすくなり蜂窩織炎や、おむつをしている方なら IAD(失禁関連皮膚炎)、点滴や透析をしている方ならテープによるスキントラブルなどを起こしやすくなります。患者さん本人がドライスキンに何ら支障を感じていない場合、ただ保湿をと言ってもなかなか受け入れてもらえませんから、ドライスキンによるリスクや保湿の必要性を丁寧に説明し、理解を促すことが大切です。白い粉がふいていても、傷になっていないのであれば、まずはお湯をかけたり、温タオルで拭いたりして、しみていないかといった反応を確認します。洗浄剤や保湿剤にはさまざまな種類がありますが、一度にいろいろ使わず、ひとつずつ発赤や痛みが生じないかを確認しながら、ステップを踏んで、刺激の少ないケアを進めていくとよいと思います。



処方であれば、〇〇をもらってくださいと言えますが、市販の保湿剤の場合、どれがよいと言いづらいです。在宅なので、コストがあまりかからない保湿剤を使用したいと思いますが、どのように勧めるとよいのでしょうか。

剤形ごとの長所・短所を理解し、皮膚の状態に合っていて長く使えるものを提案します。

長所・短所を把握する

 まず保湿剤について、処方で入手できるものと市販のものにはそれぞれどんなものがあるのか、クリーム、ローション、フォームといった剤形の長所と短所を理解しておく必要があります。そのうえで、患者さんの皮膚がどんな状態で、どの部位にどんな保湿剤を使うのがよいかをアセスメントし、剤形を決めていくとよいでしょう(表1・2)。

 保湿剤に対して、ベタベタするという先入観をもっている方もいますので、まずは自宅にある患者さんやご家族が使っている化粧水やローションを用いて、手のひらや足につけて少しマッサージしながら保湿をして、効果を感じてもらうようにしています。しみないし、気持ちがよいと感じて、保湿に興味をもってもらえたたら、次の段階として個包装のサンプルなどを使いながら、保湿剤をおすすめしています。

表1 保湿剤の剤形ごとの特徴

軟膏 クリーム ローション
基剤 ・油 ・水と油を混ぜた乳化剤 ・水と油を混ぜた乳化剤
※水分量がクリームより多い
刺激性 ・弱い ・軟膏に比べて強い ・軟膏に比べて強い
べたつき ・強い ・水を含むため伸びがよく、べたつきにくい ・軟膏やクリームに比べて、べたつきにくい
皮膚吸収 ・クリームより遅い ・吸収されやすい ・軟膏より吸収されやすい
使用に適した患部 ・どんな状態の患部にも使える
・刺激が少なく、皮膚の弱い人にも使える
・主に乾燥した患部に使用
・ジュクジュクした患部、傷がある部位には適さない
・軟膏やクリームが塗りにくい、頭皮など有毛部に適している
・ジュクジュクした患部、傷がある部分には適さない
長所・短所 ・保湿力が高く、皮膚を保護する ・さらっとした使用感から夏場は軟膏からの使用変更もある一方で、汗で流れやすい ・伸びがよく、さらっとした使用感。水分が多く気化しやすいため、夏場など汗をかくときの身体にも使いやすい

表2 主な市販の保湿剤

ヘパリン類似物質 ワセリン 尿素
商品名 ・ヒフメイドシリーズ
・ヘパロイド油性クリーム
・ヘパソフトプラス
・イハダドライキュア乳液
・白色ワセリン
・プロペト
・サンホワイト
・ヴァセリン
・イハダ薬用バーム
・ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム
・尿素10%クリーム
・尿素スキンクリーム
作用機序 ・モイスチャライザー:皮膚に浸透し水分保持 ・エモリエント:皮膚の表面に膜を貼り水分蒸発を防ぐ ・モイスチャライザー:皮膚に浸透し水分保持
特徴 ・保湿作用は大
・水分保持力が高い
・価格が高い
・刺激が少ない
・べたつき感がある
・価格が安い
・ガサガサした手足の角質、皮膚の厚い部分の水分保持
・炎症がある部位にはNG

処方してもらう場合には細かく要望を伝えることも必要

 医師に保湿剤を処方してもらう場合、安価で刺激が少ないためワセリンやプロペトなどが第一選択として処方されがちですが、患者さんがベタつくのを好まないなら、その旨を伝えて別のものを処方してもらいましょう。どんな部位に使いたいか、どんな剤形がよいかなど、具体的に伝えると、医師も処方しやすいと思います。

 市販のものを購入する場合、価格や入手のしやすさ、使用感などを総合して、使いやすいものを選ぶように伝えています。保湿は長く続けることが大切ですから、患者さんだけでなくご家族も一緒に使えるものを選ぶのもよいでしょう。高価なものを買っても、続かなければ意味がないので、安価でたっぷり使えるものがよいと思います。ただし、必ずしも安いものでなくてもよいというご家庭もありますから、特定の商品名を提案するのではなく、手に入れやすく、続けやすいものをと伝えるようにしています。



敏感肌にも使えるミノンシリーズ

ミノン全身シャンプー泡タイプ

第一三共ヘルスケア_ミノン全身シャンプー泡タイプ


顔、身体、頭が一本で洗える泡タイプの全身シャンプー。バリア機能を守って洗う「植物性アミノ酸系洗浄成分」配合。弱酸性、無香料。


[医薬部外品]販売名:ミノン全身シャンプーW
500mL、400mL(つめかえ用)



ミノン全身保湿ミルク
ミノン全身保湿クリーム

第一三共ヘルスケア_ミノン全身保湿ミルク


敏感肌、バリア機能が乱れやすい肌を支える全身に使える「塗るミノン」。広い範囲のケアにはべたつかないミルクタイプ、乾燥のつらい部位にぴたっと密着感のあるクリームタイプ。


[医薬部外品]販売名:DSミルクz
200mL、400mL、320mL(つめかえ用)
販売名:DSクリームz
90g


詳しい製品内容についてはこちら → https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon/


がん治療の皮膚ケア情報サイト はだカレッジ


第一三共ヘルスケアのはだカレッジ画像

薬物療法の皮膚障害の情報を提供するサイト。
患者・家族向けの情報と医療従事者向けの情報を掲載。
医療従事者向けでは、「皮膚に学ぶ・薬に学ぶ・症例から学ぶ」「外来で役立つ・病棟で役立つ・生活で役立つ」の6つテーマに分けた情報が得られます。

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_hada-college/hcp/

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

スキントラブルが起きやすい患者さんのケアで気をつけることは?【PR】

ADL全介助の透析患者さん。微力な外力でも皮下出血→スキン-テア→感染を繰り返しています。保湿、上下肢の保護、トランスの工夫をしましたが、なかなか改善しませんでした。何かよい方法があれば教えてください。 透析患者さんはリスクが高いことを認識し、保護ができる環

2024/1/31

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
3位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
4位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
5位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
6位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
7位

アプガースコア(アプガー指数)

【関連記事】 ●新生児仮死における低酸素虚血性脳症の重症度分類|Sarnat分類 ●小児救急におけるトリアージと適切なアセスメント ●第1回 無痛分娩の麻酔の適応、方法、禁忌、外来での説...

248441
8位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
9位

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは?基準は?

*この記事は2016年7月4日に更新しました。 SIRS(全身性炎症反応症候群)について解説します。 SIRS(全身性炎症反応症候群)とは? SIRS(全身性炎症反応...

250839
10位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017