1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 採血
  5. 【採血】難しいケース(高齢者の採血)を克服しよう

【連載】500人のギモン&お悩み徹底解決

【採血】難しいケース(高齢者の採血)を克服しよう

  • 公開日: 2012/3/13

採血は、基本的な看護技術です。しかし、経験を積んだナースでも患者さんによっては、採血するのが難しいというケースも……。ここで、採血のポイントを再確認していきましょう。


Q. 採血時に血管の確認が困難な患者さんの場合、どのように対処するとよいでしょうか。

A. まず、肘関節の伸展や小枕のあて方が適正かどうかチェックします。

採血に適した血管の判断ポイントとは?

採血に適した血管が確認できない、あるいは選択しづらい患者さんは、脂肪層が厚い、動脈硬化、病態、繰り返された採血などにより、血管壁が脆くなっている状態にあります。血管壁が脆弱な場合、採血量が不足したり、内出血することがあります。

高齢者の場合は一般的に血管壁は脆弱で、脂肪層が薄く、皮膚の弾性が低下しているので、血管は表在化していますが、穿刺時に血管が動いてしまうことがあります。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

【関連記事】 * 輸液ライン(点滴ライン)作り方 9ステップ * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 【血圧異常】異常に高い血圧への対応 7ステップ Aライン確保とは?  Aライン(arterial line、動脈ラインとも)確

2019/3/6