1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 採血
  5. 【採血・注射】血管が逃げる・動くときに使える2つのテクニック

【連載】採血・注射・輸液の困難ケースを攻略!

【採血・注射】血管が逃げる・動くときに使える2つのテクニック

  • 公開日: 2015/2/24

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は、血管が逃げてしまうときのテクニックを紹介します。


テクニック1 血管の脇から穿刺する

太くてしっかりと浮き出ている血管であっても、針を刺そうとするとプリンッと横に逃げてしまうことがあります。

このような場合、皮膚ごと血管を押さえ、まっすぐ手前に引っ張りながら血管の脇から刺しましょう。ただし、強く引っ張りすぎると血管が見えなくなってしまうので注意が必要です。

逃げやすい血管への穿刺

逃げやすい血管への穿刺

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

【関連記事】 * 輸液ライン(点滴ライン)作り方 9ステップ * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 【血圧異常】異常に高い血圧への対応 7ステップ Aライン確保とは?  Aライン(arterial line、動脈ラインとも)確

2019/3/6