1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 採血
  5. 採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくなりそう!どうする?

【連載】採血・注射・輸液の困難ケースを攻略!

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくなりそう!どうする?

  • 公開日: 2015/2/23

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。


【採血のまとめ記事】
* 採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等)

攻略法1 検査に必要な血液量を把握する

血液が不足しないように複数のスピッツに入れるためには、

    ・検査項目と各スピッツの必要量を事前に把握すること
    ・患者さんごとに必要な検査の優先順位を理解しておくこと

が大切です。

特に、抗凝固剤入りスピッツは、血液と抗凝固剤との比率が決まっているため、必要量のラインまで必ず血液を満たして適量を厳守しましょう。

また、必要量が決まっているスピッツを後回しにすると、血液が不足して検査できなくなることがあるので注意しましょう。

その他、主なスピッツの内容と必要量は下表の通りです。

■主な採血管の必要量(表)

主な採血管の必要量

■主な採血管の検査内容(表)

主な採血管の検査内容

表 主な採血管の検査内容

攻略法2 スピッツに入れる順番を覚えておく

針を刺入した直後の血液には、微量の組織液が含まれているので凝固の原因になります。そのため、真空管採血のときは、凝固しても影響の少ない生化学(血清)を最初に採血します。

シリンジを使って分注する際は、凝固する前にすばやく抗凝固剤と混和させる必要があるため、抗凝固剤入りスピッツから先に入れるようにします。

採血管の順番とキャップの色

真空管採血の場合

    ・生化学(血清):茶
    ・凝固(クエン酸Na入り):黒
    ・血算(EDTA入り):紫
    ・血糖(フッ化Na):灰
    ・その他の検査

シリンジ採血の場合

    ・凝固(クエン酸Na入り):黒
    ・血算(EDTA入り):紫
    ・生化学(血清):茶
    ・その他の検査

※キャップの色や順番は施設によって異なる場合があります

『ナース専科マガジン2013年4月号』より改変利用

この記事を読んでいる人におすすめ

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等)

採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の手順(シリンジ・真空採血管) 大まかな手順は同じですが、それぞれの手順に異なる点や注意点があります。 1.確認 採血の

2014/12/17

点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG?

Q.点滴より末梢側で採血をすれば、検査数値に問題はないと思うのですが実際はどうなのでしょうか。 A.点滴より末梢側から採血をすれば、血液データは点滴の影響を受けない 点滴をしていない側の上肢から採血できないケースもある 点滴をしている上肢から

2018/6/6

【採血はどこから?】右はギブス固定中、左は点滴中の患者さん

元看護師のメディカルライターが、看護の素朴なギモンに答えます。 今回の素朴なギモンは、「右上肢はギブス固定中、左上肢は点滴中の患者さんの場合、どこから採血をすべきでしょうか?」です。 今回の素朴なギモン 右上肢はギブス固定中、左上肢は点滴中の患者

2014/10/30

【採血】血管を浮き出させる方法(3つのテクニック)

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は血管を浮き立たせるテクニックを紹介します。 テクニック1 穿刺部位を低くしてうっ血状態にする 駆血帯を巻いても血管が浮き出てこないときは、一度、駆血帯を外し、穿刺部位を心臓より低くしてうっ血状態をつくった後、駆血帯を締

2014/6/1

覚えた? 急変時の採血スピッツ5種類(血算・生化学・凝固・血液型・血糖)

急変時に、医師から「採血して!」と一言で指示を受けた場合。 「どのスピッツを準備すればよいのか」「医師は一体何を調べたいのか」と迷ってしまうことがあります。医師はどんな基準で考え、指示を出しているのかを解説します。 血算・生化 血算・生化はすべての診断の基本

2014/3/5

新着

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

ul.section-nav{display:none;} Aライン確保とは?  Aライン(arterial line、動脈ラインとも)確保とは、動脈内にカテーテルを留置することです。 Aライン確保の適応  持続的な血圧のモニタリング(観血的動脈圧

2019/3/6